にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年10月13日

移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家を紹介するコーナーを作ります。

「移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対する政治家を応援しよう!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

イベント・行動情報・レポートまとめ(10月-12月)

いよいよ10月15日締め切り!「多言語表記及び観光政策に関するアンケート」にご協力お願いいたします。

八重桜の会は、「移民・外国人労働者受け入れ・多文化共生」に反対する議員を応援します!

太陽の党維新政党・新風のように、移民反対を公約に掲げている政党はもちろん、それ以外の政党や無所属でも、移民や外国人労働者、 多文化共生に個人として反対している愛国的な議員や政治家の方は、実は少なからず存在します。

そこで、日本国を愛し、移民や外国人労働者・多文化共生の問題について正しい認識を持つ政治家の皆様の活躍を応援しようと、さまざまな愛国政治家の方を紹介するページを今後作っていきます。それによって、人員や金銭面でもサポートする有志が増えていくことの一助になりましたら幸いです。

具体的には、以下の質問を考えています。
加筆・削除・修正などご意見がありましたら、コメント欄までお願いいたします。

1. 移民受け入れに賛成ですか、反対ですか? 理由は?
2. 現在政府が進めようとしている、外国人労働者の受け入れ緩和(建設業、介護、家事労働者など)政策に賛成ですか、反対ですか? 理由は?
3. 地方自治体で広く進められている「多文化共生政策」に賛成ですか反対ですか? 理由は?
4. 外国人参政権に賛成ですか、反対ですか? 理由は?
5. 日本の留学政策(留学生30万人計画、留学生への返済不要奨学金支給など)についてどう思われますか?
6. 現在の日本の観光政策(外国人観光客2000万人計画、ビザ緩和など)についてどう思われますか?
7. (現職・前職の方へ)上記をはじめ、一連の外国人関連政策について、これまで議員として取り組まれてきたことがあれば教えてください。(新人の方へ)今後議員になることがあるとした場合、国政または地方レベルで、上記に関連して今後取り組みたいことがあれば教えてください。
8. 日本の少子高齢化・人口減少の克服のために、政府は何をすべきだと考えますか?
9. 日本の経済発展のために、今後政府は何をすべきだと考えますか?
10. 政治という観点から、貴方の教育観・家族観について教えてください。
11. もしあなたが今日本の総理大臣だったとしたら、まず一番にどんな問題に、どのように取り組みますか?
12. その他、自己PRがあればどうぞ!


image_view.gif


「政治家を支持するかどうかの要素の一つに、『移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対しているかどうか』を重要なポイントとして加えよう!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

【今日の記事・動画】
日本でも、民主党の悪夢や、麻生政権時代の国籍法改悪などありましたが、選挙で一度間違った選択をすると、ますます愛国政治家が肩身を狭い思いをすることになることがわかる、ドイツの事例です。


政治家を支持するかどうかを決める前に、ぜひ、「移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対しているかどうか」を確認してみてはいかがでしょうか。

「どんなに他の政策が良くても、移民、外国人労働者、多文化共生政策に反対しない政治家は国益派とは言えない!」と思われる方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 13:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに、言葉の定義が、議論の入り口で明確にされるべきですね。あとで解釈の違いや長いこねくり回した文章や、耳慣れない用語の濫用で、神学論争みたいなことになった挙句に、議長が「議論も尽くされましたしお時間もあれですので、強硬採決しましょ」なんて展開は、なし崩しの後出しじゃんけんみたいなものです。

「移民」と「出稼ぎ」の違いを、誰がどんな監視して識別してアウト者を国外追放できるのか。

「高度な技能者」の定義は。(ということは程度の低い技能者とは?)どこで誰が線引きするのか。

期間限定は何を持って決定するのか。誰がどのように実現するのか。

世界の特定国ばかりから受けれるのは不公平になるが、どのように公平性を担保するのか。

在留資格のある本人の居住地に、その類縁者が訪問して帰国しなかったらどうするのか。また、血縁関係者をどうやって証明させるのか。(自己申告?それはありえない)

それらの定義や区別、想定や手段を明確にせずに議論は始まらないはずなんですね。
あー、それは事務方がおいおい詰めますから、とかの回答でスルーされてちゃ国会じゃない。
Posted by 弓取り at 2014年10月16日 01:45
平沼議員の安倍首相に対する代表質問は素晴らしいものでした。
しかし、追及が甘いなど物足りないところもあります。
そこで移民反対議員に対して、国会中継など逃げ場のない状況で、移民問題について安倍首相を問い詰めるようお願いしてはどうでしょうか?

「私は移民に反対です」などという大嘘では、その場から逃げられないような用意周到な質問を用意するのです。
パッとは思いつきませんが例えば
「安倍首相は移民反対と言っていますが、外国人労働者は実際には移民と同じですよね。あと高度人材に活躍してもらうというのは、日本に外国系の人間が増えるのに賛成ということですね?
それから外国人労働者に期間が過ぎたら帰ってもらうと発言していますが、もし彼らが居座った場合、国際社会からどのような批判を受けても強制的に排除する覚悟がおありなのですね?」
といった質問をされるよう議員にお願いできないでしょうか?

念のため言っておきますが、私は仮に外国人労働者が期間が過ぎたら帰国するとしても、外国人労働者には反対ですw
外国系の人間の存在自体が嫌いだからです。
過激に聞こえるかもしれませんが、これは保守派庶民の多くの本音です。
Posted by 移民ダメ絶対 at 2014年10月14日 18:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック