にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年10月08日

他団体主催イベントのご紹介 | 八重桜の会は、様々な団体との連携を歓迎しています。

「移民反対運動を全国運動に!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

10月15日第1次締め切り! 既に300件以上!「多言語表記及び観光政策に関するアンケート」にご協力お願いいたします。

イベント・行動情報・レポートまとめ(10月-12月)

本題に移る前に、通帳を昨日確認させていただきましたところ、多くの方から寄付をいただきました。 個別にお返事させていただきますが、ご寄付いただきました5名の皆様に、この場をお借りして心より感謝の意を申し上げますとともに、金額はすべてイベントの開催をはじめとする当会の運営に活用させていただきます。また、一部の方にはお礼が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

10月は八重桜の会だけでなく、他団体による移民・多文化共生反対関連イベントが開催されています。

※以下のイベントは「八重桜の会」とは別の団体の主催で、八重桜の会の理念と比較的近いものを紹介しております。これらのイベント内容について、八重桜の会は一切の責任を負いません。また、申し込みはそれぞれのイベント主催団体にお願いいたします。八重桜の会にお送りいただいても転送いたしませんので、ご了承くださいませ。

----------------------------------------------------------------------
坂東忠信氏講演会 - 日本が危ない! 「多文化共生、移民政策の落とし穴」

bando_flyer.jpg

講師:坂東忠信氏 (元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪対策)
日時:平成26年10月13日(祝)13:30開始
※講演会終了後、坂東先生を囲んで懇親会を予定しております。
場所:神奈川県立青少年センター
(神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9-1)
【参加費】 1,000円
【主 催】 維新政党・新風 広島県本部
【申し込み・問合先】 緑地の歴史を歩く会
Tel : 090-6180-8905
E-mail : perryblack-96.zerogouki@ezweb.ne.jp
チラシダウンロード

----------------------------------------------------------------------
10/19(日)15時 舛添(ますぞえ)都知事やめろ! 街宣in世田谷

「日本侵略を許さない国民の会」の主催で、八重桜の会もこの一連のリコール活動に協賛しています。

- 舛添都知事が多文化共生を推進している。
- 中国人留学生への援助など、移民政策につながりかねない外国人優遇政策を行おうとしている。
- 国家戦略特区を通じた外国人労働者受け入れおよびビザ要件緩和に積極的である。(例:金融特区)

が主な理由です。
デモの詳細は、「日本侵略を許さない国民の会」ブログをご覧くださいませ。
http://synryakusosi2mirror.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

----------------------------------------------------------------------

八重桜の会の大きな目的の一つは、移民・外国人労働者受け入れ・多文化共生の危険性をステークホルダーや国民の皆様にご認識いただき、 これらの政策に対して日本全国の世論の大半が反対に回るようになり、移民政策や多文化共生政策に否定的な見方をする候補者が当たり前のように当選し、安易に外国人労働者を受け入れようとする企業は世論によって自然と締め出される。少子高齢化や地方衰退の問題について、 「移民」「外国人労働者」以外の選択肢を日本人が自ら考え、これから少子高齢化社会を日本よりも後に迎える世界各国のロールモデルとなる。そのような世の中をつくる一助になることです。

私たちは「極端な自前主義」を取りませんので、その趣旨にかなう団体であれば、さまざまな分野で協業していきたいと思っております。現に、「外国人生活保護実態調査」「多言語表記及び観光政策に関するアンケート」なども、他団体との連名、あるいは八重桜の会が協賛という形で参加しているものです。

移民・外国人労働者(親日国や高度人材を含む)受け入れ及び多文化共生に反対の団体や、「移民」「外国人労働者」「多文化共生」に直接言及する個別イベントがありましたら、ぜひブログ上の告知や宣伝など、何らかの形で協力させていただきます。「移民反対のためにこんな活動やりました!」というご報告も、よろしければブログで紹介させていただきます(注:掲載を保証するものではありません)。少人数のイベントも大歓迎。 info@sakuranokai.org までお気軽にお問い合わせくださいませ。

(なお、「移民は駄目だが外国人労働者ならよいのでは」「親日国や高度人材ならいいのでは」といった主張の団体やイベントは、当会の根本的な主張と合わないため、すみませんがお断りさせていただきます。また、「死ね」「殺せ」など、一般人から見て(主張の正当性はともかく)疑問を持たれかねない言葉遣いの活動を主とする団体や、品性のない活動とみなされる団体につきましても、八重桜の会のイメージ維持の観点からすみませんがご遠慮いたします。)

志のある様々な団体や個人が、一人一人活動することで、全国的に移民反対運動が盛り上がってほしいと思っております。ぜひ、この問題について、一緒に取り組みませんか?

移民反対運動を全国で盛り上げよう!と思われる方はこちらをクリック↓すみませんが、ご訪問の度にクリックお願いいたします!

政治 ブログランキングへ

【今日の記事・動画】
「移民」「外国人労働者」以外の代替案として、地方創生に関する提案を、八重桜の会の提言書とは別の形でされていらっしゃる方がいます。さすがにこれは現実的ではないかも…?と思う提案も一部はありますが、一方で、それくらいにまずは「型破りな」アイディアを出したうえで、現実路線にどう落とし込んでいくか、という発想も必要なのかもしれないですね。

効率化だけではダメだ!
http://blog.goo.ne.jp/halmp05/d/20140922

ちなみに提言と言えば、提言書第2弾のワークショップ(公開質問状)も参加者引き続き募集中です!

移民反対と同時に、少子高齢化社会の克服や地方創生に向けたアイディアを皆で出し合おう!と思われる方はこちらをクリック↓すみませんが、ご訪問の度にクリックお願いいたします!

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 07:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 他団体関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今週発売の週刊新潮で、外国人が多い群馬県大泉町の報告記事が掲載されていました。
この記事は、実際に大量に移民を入れると、わが国がどのような事態になるか、一つの参考例としてみなすことができます。
詳しい内容は、読んでいただくとして、現場の状況は、大変なようです。

税金滞納、犯罪の増加、生活保護受給者の増加(受給者の30%以上が外国人)、高齢化と医療の問題、教育現場の苦悩、地域住民との軋轢など。
そこには、多文化共生社会などというお花畑頭全開の甘い思想とは対極をなす、厳しい現実が出現するのです。
共生どころか、日本人と外国人とが、同じ場所に居住しながら、接触しない、いわば「分化」した状態があったそうです。
欧米でも移民と元の国民同士が、それぞれ共同体を作り、接触を持たず、単に「住んでいるだけ」の状態がありますが、同じ現象が起きているわけですね。多文化共生社会など、実際は多「分化」対立社会になるわけです。

いい加減に、外国人は家畜でもロボットではなく、年も取れば、病気にもなり、意志も感情もあり、我々日本人とは異質な価値観や常識意識、思考回路を持ち、それに従って行動する人間だと認識してもらいたいものです。
幾らきれいごとを並べても、高邁な理想を掲げても、相容れない価値観や常識、受け入れがたい習慣を持った人間が集団で生活空間に入り込めば、その「行動」によって、生活を破壊され、軋轢が生じるのは、毎日が文化摩擦との戦いになるのです。

労働力不足だからと、外国人を連れ来て、精神的、経済的を負担を強いられるのは、行政の末端であり、地域の住民です。現場知らずのお花畑頭の移民推進派は、国内外の実情を熟知する必要があります。
Posted by ウミユリ at 2014年10月09日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック