にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年10月07日

厚生労働省と文部科学省に意見具申しましょう (留学生政策関連)

「移民政策に対する意見は、仲間内で語り合っているのではなく、当事者に直接訴えよう!」と思われる方はまずこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

10月15日第1次締め切り! 既に280件以上!「多言語表記及び観光政策に関するアンケート」にご協力お願いいたします。

イベント・行動情報・レポートまとめ(10月-12月)

三宅議員講演会の要約や動画ですが、若干お時間をいただきますので、その間は他の話題を配信させていただきます。

本日は凸情報です。
このような情報が、八重桜の会に寄せられました。

-----------------------------------------------------
厚生労働省が、留学生に対する就職強化をしています。
抗議の声を届けましょう。
ここは、日本です。


「大学における留学生の就職支援の取り組みに関する調査」を公表します
日本に在留中の留学生のうち、約5割が卒業後に日本で就職を希望しているにもかかわらず、卒業後実際に日本で就職しているのは留学生の2割程度にとどまっており、多くの留学生が就職に苦戦しています。
そこで、厚生労働省では、「大学における留学生の就職支援の取り組みに関する調査」(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社に委託)として、留学生が在籍する全国の大学を対象に、
【1】大学における留学生の就職支援の現状及び課題や、留学生自身が必要としている支援等に関する調査
【2】留学生の就職支援を行っている外国人雇用サービスセンター及び新卒応援ハローワークに対する要望や課題に対する調査を実施し、大学等に今後求められる対応等を報告書として取りまとめましたので、公表します。

あと、留学生30万人計画のところには以前から卒業後は日本で就職をということが頻繁に書かれています。P26あたりからです。 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai25/sankou3_1.pdf
-----------------------------------------------------

八重桜の会では、期限が決まっていて、純粋な勉強目的の留学そのものについては否定する立場にありません。ブログを書いている運営メンバー(留学経験あり)の個人的な意見としては、節度ある留学は遣唐使の時代から明治時代の遣欧使節まで、歴史的にも日本及び諸外国の学問の発展を促した事実がありますし、外から自国を見る経験を一時的にすること自体は、やがては自国にもプラスになると考えています。しかしそれはあくまでも、「最終的には必ず帰国すること。学費・生活費はすべて自己負担。留学中の就労はできない。留学前に語学を含めた基礎学力があること。家族の呼び寄せなし。留学先の郷に入って郷に従えは当然。」が前提であり、日本のように

- なぜか卒業後の就職を前提として留学生を受け入れてしまっている
- なぜか金銭的にも、日本人学生以上に留学生に異様に手厚い
(田母神俊雄氏Twitterより:「いま中国、韓国からの留学生に毎月14万2500円の奨学金が支給されます。また授業料も国立大学は免除、私立大学は文部科学省負担ということで、彼らは大変優遇されています。医療費の80%、日本に来るとき、帰るときのの飛行機代も日本負担です。住宅手当も出ます。日本人大学生が可愛そうです。」)
- なぜか留学生でもアルバイトができてしまう
- そもそも日本語ができないなど、優秀でない学生まで呼び寄せてしまっている。
- なぜか日本人学生のニーズよりも、「国際化」を優先したカリキュラムや大学の運営方針を取ろうとしている(スーパーグローバル大学等)
- 本来なら「国民の」雇用を守る側に立つはずの厚生労働省が、なぜか留学生の就職の支援をしてしまっている。

t02200140_0400025413080582497.jpg

これでは、移民政策の一環ではないか?と疑われても否定はできないのではないでしょうか。

ちなみに、このブログの筆者がカナダに留学した時は(10年以上前ですが)
- 留学生の学費は、現地の学生の3倍から5倍(カナダの主要な大学はほぼ国立であり、カナダ国民の血税を留学生にあげるようなことはしません)
- アルバイト禁止(ただしこれは後に解禁されてしまったようで、最近の中国人移民の問題についても、こうした一時期の緩すぎる移民政策が原因ではないかと思っておりますが…)
- 英語は就学前からできて当たり前。語学留学プログラムは別にありますが、カナダのTOEFL基準はアメリカより高かったです。
- 移民国家であるにもかかわらず、卒業後就職するには本当に優秀でないと厳しい。特に、インターンなどの選考に、カナダ人と同じ基準で合格し(これ自体ものすごい倍率で、カナダ国籍限定の職も多くあるため、留学生の門戸はさらに狭い)、「職業経験」を積むことができない限り難しい。まして、卒業時点で英語があまりできない人の就職をサポート、なんてありえません。

語学については、カナダは英語圏ということで、日本と同じ基準に当てはめるのは難しいですが、就職関連ひとつ見ても、日本とはだいぶ様相が違いますね。

ということで、「日本の留学政策はおかしい!」と思ったら、以下にメール・電話で意見しましょう!
各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

文部科学省
TEL 03-5253-4111(代表) 050-3772-4111 (IP 電話代表)
厚生労働省
TEL 03-5253-1111
※電話は月曜日から金曜日まで


こちらもご参考に
優秀な海外留学生受け入れようずby官邸・省庁-関係資料リンク集-

留学という制度を勝手に拡大解釈した事実上の移民政策に反対!と思われる方はこちらをクリック↓

政治 ブログランキングへ

【今日の記事・動画】
八重桜の会でも以前講演いただいた、維新政党・新風の鈴木信行代表による、留学生問題について的確に書かれた記事です。

日本人は経済的理由で大学中退なのに、外国人には学費無償提供!
http://ameblo.jp/ishinsya/entry-11931329764.html

外国人留学生よりも、日本人のための教育支援を!と思われる方はこちらをクリック↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 05:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>中韓両国の長年に亘る徹底した反日教育の結果、
日本に憎悪感情を抱く若者が多い。

その通りです。そして、こうです。

わが国の長年に亘る徹底した外国人(留学生、技術研修生etc.)優遇政策つまり移民政策を温床として外国人犯罪が激増した結果、
外国人に憎悪感情を抱く若者(に限らず日本人)が多い。
Posted by アギーレタ・ジャパン at 2014年10月17日 14:09
反対意見送信しました。

日本人の親が子供の学費にどれ程苦労しているか、日本人の若者がどれだけ奨学金の返済や、非正規雇用拡大による貧困化に苦しんでいるか。
私たちは外国人の子供のために納税しているのではない。
文科相も厚労省も、優秀な日本人人材育成のための制度改正に専念して欲しい。

留学生が日本滞在で日本に対し正しい認識を得ることで、帰国後、両国の友好関係構築に貢献する可能性があるが、日本で就職してはそれも無駄になる。

中韓両国の長年に亘る徹底した反日教育の結果、
日本に憎悪感情を抱く若者が多い。
日本での外国人犯罪急増につながっていることを抜きに外国人留学生受け入れを語れない。

中国が国防動員法を発令した場合、日本にいるすべての中国人は中国の統制化に置かれ、破壊工作活動や武装蜂起を義務付けられている。

こういう特殊な危険性を考えなければ国民の生命財産を危険に晒すことになる。

これらを踏まえ、安易な外国人留学生受け入れ(優遇政策、積極的な就職支援)制度は廃止の方向で再考されることを強く要望する。

といった内容です。
Posted by coco at 2014年10月16日 11:50
田母神さんの内容を文部省に電話して確かめようとしましたが、よくわかりませんでした。国費留学のことを言っているのか、私費留学のことなのか?調べているので、よければ教えてください。こういうのは、明確に調べて拡散することが大切だと思いますので。
Posted by カンベ at 2014年10月07日 21:27
スウェーデンでは、スウェーデン人は無料で、外国人留学生は有料です。以前は、留学生も無料だったのですが、「納税者の負担を減らすため」との理由で有料化したのとことです。
つまりわが国と逆なのですね。
いかに日本の制度が異常かわかりますが、誰も異常を異常と指摘しない状況こそ異常でしょう。
Posted by ウミユリ at 2014年10月07日 13:30
留学生を日本で就職させるって・・・
定住させて、移民受け入れしたい安倍首相の思惑がバレバレですよね。
安倍首相は口では「移民反対」と言っていますが、実際には熱烈な移民推進派なのは行動を見れば分かります。
Posted by 移民ダメ絶対 at 2014年10月07日 07:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック