にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年09月18日

愛国議員応援ポスティングを実施! 9000枚のチラシを配布しました。

「ネットを見ているだけでなく、一人一人が、移民反対の意思表示を外向けにしよう!」と思われる方はまずこちらをクリック! ↓

政治 ブログランキングへ

引き続き申し込み受付中! 愛国議員のお話が直接聞ける貴重な機会です!
10/5 三宅 博衆議院議員講演会「戦後日本の実相」


署名: 外国人による家事支援サービス受け入れ緩和およびサービスの利用・促進に反対します。

移民受け入れ反対署名ペースが加速しています!あと251人で2万人突破! ぜひご協力お願いいたします。

イベント・行動情報・レポートまとめ(9月-11月)

今週、都内某駅周辺にて、愛国政治家の方を応援すべくポスティングオフを実施しました。

今回配布したのは、以下のチラシです。
朝日新聞関連
akahi.jpg

少子高齢化対策(移民反対)チラシ
少子高齢化啓蒙omote.jpg

ポスティングには9人が参加、全部で9000部あったチラシがあっという間に配られました。
朝日新聞関連チラシは、ご本人の意向もありましたが、多文化共生をはじめ、外国人に優しい社会をやたらに強調する朝日新聞にダメージを与えるのは、八重桜の会にもプラスです。(移民・多文化問題はあらゆる問題と繋がっています)加えて、観察して気づいたことは、朝日新聞の関心が世の中で高まっていますので、朝日新聞チラシと移民反対チラシをセットで配布することで、両方捨てられずに読まれやすいということです。

ポスティングというと、販促チラシのイメージで、あまり良い印象を持たない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、特にネットを見ない層への情報拡散の手段としては実に有効で、そうでないなら、販促ポスティングビジネスもこれだけ盛んなはずはないですし、共産党や民主党のチラシがポストに入っている理由が説明できないということです。

ちなみに当たり前ですが、私たちは、ポスティング禁止の場所には投函しません。ルールを守りながら、あらゆる手段で移民・多文化共生反対を広めていきます。

なお、今回対象となった愛国政治家の方含め、今後、移民反対を明言できる議員や候補者の紹介ページも今後作っていきます。

【チラシサイトのご紹介】
移民・多文化関連チラシをまとめたサイトを、八重桜の会の共同代表が作成しました。
http://naturamatuyo.wix.com/posting

ポスティングは一人でも、いつでもどこでもできる愛国活動です。PDFもありますので、上記サイトからデータをダウンロードいただき、印刷してはじめてみてはいかがでしょうか。詳しいポスティングの情報は「護国 ポスティング」「保守 ポスティング」などのキーワードで出てきます。SNSサイト「my日本」では、チラシの無料配布企画もありますので、ぜひ活用いかがでしょうか?
http://sns.mynippon.jp/

少しでもポスティングに興味を持っていただけたらこちらをクリック! ↓

政治 ブログランキングへ

【今日の動画・記事】
ポスティング初心者向けに、非常に分かりやすい動画です。これを見るとポスティングに出かけたくなるかもしれません。

簡単!護国ポスティング


愚痴を言っていても意味がない、行動あるのみ!と思われる方はこちらをクリック↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 08:00| Comment(3) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は神奈川で活動しています。

「次世代の党 太陽の党」をポスティングで支援するためのサイトが出来ました。

http://jisedaiouen.blog.fc2.com/

予想通り、マスコミは役に立ちませんね。ネット保守による情報拡散だけが頼みの綱です。
Posted by 誠 at 2014年10月12日 21:41
9/24〆切 外国人建設就労者受入事業に関するガイドライン案に係るパブリックコメントの募集 凸を
http://ameblo.jp/mamorinuku/entry-11927302961.html

〆切が迫っておりますが、国土交通省で募集中のパブリックコメントを見つけました。週末にかけて文面など考えていただき、何卒これ以上外国人労働者が日本に増えないように意見を送ることに
ご尽力して下さるようよろしくお願い致します。
ブログ記事内にて幾つか関連資料もつけましたので参考になさって下されたら幸いです。




Posted by まもり at 2014年09月19日 20:34
ポスティングおつかれさまでした! 署名も、もうすぐ2万人、注目が集まっているのですね。

ここで、愛国議員情報です。(もうとっくにご存知かな。)衆議院議員・山田宏氏(次世代の党)は、外国人への生活保護を禁じ、違反自治体を処罰する法案を提出されるご予定とのことです。応援しましょう! 次世代の党です。

http://www.yamadahiroshi.com/

ところで、先日のウミユリさんのコメントを拝読し、はたと気づいたことがあります。もちろん国内外の事情に精通していらっしゃるウミユリさんには、釈迦に説法かと存じますが・・・

「国際結婚し、外国に移住した日本人」も、もちろん「移民」なんですよね。オランダ人と結婚した日本女性のお話、詳しくは読んでおりませんが、移民に反対とのことですね。でも彼女は、自身も「移民」だとの意識は、はたしてあるのでしょうか・・・。移民の定義に、「その移住先国の郷に従い、溶け込んでいるか」、また「その国のためになる言動をとっているか」、さらには「移民政策への賛否」など、その人の生活態度や思想信条などは、一切関係ない、というのが私の考えです。彼女の移民反対論がいかに正しく、説得力があっても、自分が移民であることを忘れて、オランダ人の側から論じるのであれば、少なくとも立場上は矛盾していることになると思います。(ウミユリさんごめんなさい、ご意見に水を差すつもりは毛頭ないんです!)

どこの国の人であれ、国際結婚した時点で、どちらか一方が、第三国に住む場合は二人とも、必然的に「移民」になるという厳然たる事実があります。国際結婚するということは、今の世界的な「反/脱移民社会化」の流れからすれば、移民として差別・排斥される覚悟も当然に必要ではないでしょうか。私はこう考えたとき、普段は見るのも嫌なアイノコの、人知れない苦労をふと思いました。置かれた境遇次第では、彼らはまさに「犠牲者」としかいいようがないものがありますね。やはりウミユリさんがご紹介の、イスラム教徒男性と日本人女性の子供のように、最悪は親子での文化摩擦・・・こうなると家庭崩壊とか離婚という言葉しか浮かびませんが。

そこで、「極端論者」の私の結論です。これ以上不幸な日本人・外国人・子供たちを増やさないためにも、そして日本を移民国家にするのを防ぐためにも! 皆さんの周りで国際結婚を検討している人を見かけたら、ぜひ声を大にして反対して未然に防ぎましょう! ここぞとばかりに、八重桜さんの力説される「移民の問題点」をこんこんと説いて聞かせましょう! これも草の根の移民反対運動です。
Posted by がんばるぞ!日本 at 2014年09月18日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック