にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年09月16日

他団体主催イベントのご紹介 | 「イメージ」で判断していませんか?

「移民反対運動を国民運動に!」と思われる方はまずこちらをクリック! ↓

政治 ブログランキングへ

日々申し込みが届いています! 愛国議員のお話が直接聞ける貴重な機会です!
10/5 三宅 博衆議院議員講演会「戦後日本の実相」


署名: 外国人による家事支援サービス受け入れ緩和およびサービスの利用・促進に反対します。

移民受け入れ反対署名、あと348人で2万人突破! ぜひご協力お願いいたします。

イベント・行動情報・レポートまとめ(9月-11月)

9月21日に、東京と広島で行われる他団体主催イベントの紹介です!

※以下のイベントは「八重桜の会」とは別の団体の主催で、八重桜の会の理念と比較的近いものを紹介しております。これらのイベント内容について、八重桜の会は一切の責任を負いません。また、申し込みはそれぞれのイベント主催団体にお願いいたします。八重桜の会にお送りいただいても転送いたしませんので、ご了承くださいませ。

----------------------------------------------------------------------
9/21(日)11時 舛添(ますぞえ)都知事やめろ! 街宣in板橋・有楽町

「日本侵略を許さない国民の会」の主催で、八重桜の会もこの一連のリコール活動に協賛しています。

- 舛添都知事が多文化共生を推進している。
- 中国人留学生への援助など、移民政策につながりかねない外国人優遇政策を行おうとしている。
- 国家戦略特区を通じた外国人労働者受け入れおよびビザ要件緩和に積極的である。(例:金融特区)

が主な理由です。

さらに、「趣旨には賛同するが、デモに参加する時間がない!遠方に住んでいる。」という方向けに、ネットデモもあります。Twitterで参加できますので、ぜひいかがでしょうか。


----------------------------------------------------------------------
維新政党・新風 講演会『脱法移民』に日本が壊される
講師:鈴木信行(維新政党・新風 党代表)
日時:平成26年9月21日(日)18:00開始
場所:広島市東区民文化センター
(区役所前・広島市東区東蟹屋町10-31)
http://www.cf.city.hiroshima.jp/higashi-cs/

【参加費】 無料
【主 催】 維新政党・新風 広島県本部
【問合先】 新風広島県本部事務局(082-556-7810)
※ストラップ・バッヂ等グッズ販売します。

参考:『脱法移民が日本を壊す!』鈴木信行9・6札幌講演会



鈴木代表には、8月に八重桜の会でもご講演いただきました。詳しくはこちらをご覧くださいませ。

----------------------------------------------------------------------

さて、こうしたイベントを紹介させていただいたうえで、一つ申し上げたいこと。
それは、「イメージで物事を見ていませんか?」ということです。

たとえば、新風・鈴木信行代表について、ASREADの記事の「編集長後記」にあります通り、マスコミが報道している鈴木代表と、実際にお会いして、お話を聞いた印象は実は全く違います。非常に論理的で、穏やかに話をされる方、というのが、八重桜の会の運営としての印象です。

「移民に反対するなんて、外国人が嫌いな偏狭な人たちだ」
「グローバル時代の今時、外国人を受け入れないなんて時代遅れだ」
「外国人と共生し、彼らの文化を日本に取り入れる多文化共生はいいことだ」
「ネットで考えを主張している人たちは皆視野が狭い。もっと寛容にならないと」
こうした、「根拠のない思い込み」で物事を決めつけていませんか?

その「思い込み」はどこから来たのでしょうか、テレビや新聞がそう言い続けているからでしょうか? 教育がそう教えたからでしょうか? 「本当に大量の外国人が日本に定住したらどのようになるのか」中長期的な視野や、他国の事例について、思いを巡らせ、論理的な角度で実際に調べてみると、実は「外国人を受け入れない=心が狭い」をはじめとする数々の主張は「思い込み」であることも多いと気が付かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は飽くまで守る」(ヴォルテール)という名言があります。
私たち移民反対派の考えについては、賛否両論あるのは当然ですし、賛成派・反対派両方の意見を客観的に比較したうえで論理的に反論いただくのであれば、それはそれで構わないと思っています。ただ、論理的な根拠なしに思い込みで「外国人を受け入れないなんて心が狭い!」と主張したり、「多文化共生ってなんとなくよさそう」と、イメージで判断したうえでの主張には、
「そうした『思い込み・イメージでの判断』こそが日本をおかしくする元凶の一つである」
と、八重桜の会としてははっきり申し上げたいと思います。

そして驚くべきことに、そうした「思い込み・イメージに基づいた判断」を、日本の針路に重要な影響を与える政治家や財界人などが行っている以上、私たちは今後も、反対の声を上げていきます。

今後も八重桜の会の活動を応援いただける方はクリック! ご訪問のたびにクリックいただけると嬉しいです(^^*)↓

政治 ブログランキングへ

【今日の動画・記事】
「イメージで物事を・・・」といえば、皆様、「都心湾岸エリアの高級タワーマンション」といえば、どのような生活を思い浮かべますか?
毎日がホテル暮らしのような、華やかで穏やかで恵まれた生活・・・?いえいえ、移民問題はこの日本に、着実に影響を及ぼしています。ちなみに、このような事例は、カナダの高層マンションでも本当に見られましたので(当会のカナダ留学経験者より)、「(イメージではなく)経験上」非常に信憑性があると私たちは思っています。

中国人と冷戦状態…都心湾岸エリアの高級タワーマンション住民が激白
http://news.livedoor.com/article/detail/9252661/

日本中がこうなる前に、移民反対の声を上げよう! と思われる方はこちらをクリック↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 07:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 他団体関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本では、殆ど報道されなかったのですが、今年のサッカーワールドカップで、アルジェリアが初の決勝トーナメントに進出した際、アルジェリア人移民が夜中まで馬鹿騒ぎしたあげく、暴徒化して警官隊と衝突する事件になったのです。
更には、役所に押しかけフランスの国旗を降ろして、アルジェリアの国旗を掲げることまでやっていたのです。
そのため一般フランス人の移民への反感が強まり、移民に関する議論の活発化ということになっているのです。
見てください、この混乱状況を。
https://www.youtube.com/watch?v=kZm2cVR-e4Q
勿論すべての移民が、こうでないでしょうが、移民を入れると、こうした事態に対処することも覚悟しなくてはなりません。

このサイトも参考になります。

オランダ移民学校顛末記
http://dutchphotos.blogspot.jp/2012/07/blog-post_17.html

オランダ人と結婚した日本女性による移民問題について論じられています。
オランダが、どれだけ移民問題で苦悩しているか。
移民のゲットー、移民同士の対立、外国人に対する嫌悪感の拡大など、生々しい報告です。
「移民受け入れを主張するのなら、移民学校へ一年留学してみるといい」という彼女の言葉は、現場知らずの理想主義者にとっては、耳の痛い意見だと思います。
Posted by ウミユリ at 2014年09月17日 01:23
これを見てください。事実上の移民といっていい在日外国人の年齢構成です。
http://tspublic.jimdo.com/data/brazilians-age-pyramid/
かつて入れたブラジル人労働者の高齢化が目立っています。

そして、現在はこのような事態が起きています。

高齢化進む在日ブラジル人=増える慢性病やうつ患者=活躍する電話健康相談=14年間で5万件対応
http://www.nikkeyshimbun.com.br/nikkey/html/show/101113-71colonia.html

すすむ在日伯人の高齢化=しのび寄る老後の不安=教育、雇用より関心高く
http://www.nikkeyshimbun.com.br/2014/140204-71colonia.html

日本に住む日系ブラジル人が抱える 就労・高齢化・精神疾患問題
http://www.nipo-brasil.org/?p=4449

労働力不足だからと入れたブラジル人労働者が直面している高齢化、精神疾患、うつ病患者の増加、精神疾患、貧困、非行などの問題が、相当深刻なようです。
私は、外国人労働者や移民受け入れを主張する人に聞きたいのですよ。

「移民達の老後の保障ができますか?」
「親を連れてきて、親の年金や医療費を保障できますか?」
「連れてきた親が認知症になったら介護できますか?」
「怪我をして、一生寝たきりの重度の障碍者になったら責任を取れますか?」
「移民や外国人労働者の中にテロリストや犯罪者がいて、自分や家族が被害者になって死んでも、多文化共生社会の時代だからとあきらめられますか?」
「移民の社会保障費の財源を確保するために、増税したり、年金を減らされたりしたら納得できますか?」

移民も人間である以上、老後や健康に不安を感じ、老いた親の介護に悩んだりするのは当然であり、そのことについて考えなくてはなりません。
移民や外国人労働者はロボットではないのは、ブラジル人労働者の例を見れば明白です。
移民推進派は、そうした甘い認識で移民を入れ、結局日本人と移民双方を不幸にしてしまう可能性を自覚すべきです。

そうそう移民を数多く入れたスウェーデンでは、このようなことになっています。

左派野党連合が勝利=極右第3党、政界に衝撃―スウェーデン総選挙
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014091500027

これは、スウェーデンだけではなく、各国で起きている現象です。
政府の移民規制強化、移民反対政党の躍進、民間の移民排除運動。
これが、国際潮流であり、今更移民受け入れ、多文化共生社会などという主張こそ世界的に見れば周回遅れ、それも百周ほど遅れているのです。

Posted by ウミユリ at 2014年09月17日 01:03
移民問題が「タブー」でなくなったわけ
http://www.newsweekjapan.jp/joyce/2014/07/post-81.php

英国も移民問題に悩んでいる国ですが、移民によって様々な弊害が出ているのにも関わらず疑問を呈したり、反乱を述べると人種差別主義者の烙印を押される空気があって、率直な議論ができなくなっているようですが、ようやく最近は本音がいるようになったそうです。
この記事では、移民の多い学校では、授業が進まないので、学費の高い私立へ子供を通わせる親の話が紹介されていますが、実は同様の事態は日本ですでに発生しています。親が見切りをつけて、転校させたり、家族ごと引っ越した事例を私は知っています。綺麗ごとだけでは済まない現実が存在しており、実例を挙げるのに苦労は要しません。

日本は日本人の国です。日本人のために政治を行い、日本人のために国家を運営する。当然のことです。
それが、不満なら自分の国にお帰りなさいとしか言いようがありません。
外国人は、まず自らが所属する国家を発展させることが、国民としての責務であり、日本を自分たちにとって快適な環境にしようなどと考えるのは、はっきり言って余計なお世話です。
先の原発事故で、外国人が大慌てで国外へ脱出しましたが、あれは当然のことであり、いつでも自国へ逃げ帰ることができることができ、日本の将来に責任を持つ気もないよそ者が、日本という国のあり方に対して口をはさむことを許してはいけないのです。
Posted by ウミユリ at 2014年09月17日 00:41
かつて第三国人と呼ばれて不法悪事を働き、帰国しなかった人たちは、日本人になりすまして、ますます帰国しなくなっています。「第三国人」は、本来の意味をすり替えられて、差別用語になってしまいました。

彼らは、自分の出自履歴をかくし、人の中に紛れ込んで区別されないためにも、新たな「外国人」を大勢呼び込もうとするのです。自分たちがマイノリティである不利を補うために「差別」と「人権」とを利用します。差別される候補、人権侵害される候補である「マイノリティ仲間」を増やしたいのです。貧困でさえあれば、いくらでも「差別」「人権」を叫ぶことができます。
推進派のバックには、彼らもいます。

ニューカマーは、彼らの手下や道具として利用されることになります。サヨクが「被差別者」を作り上げてでもメシのネタにするように。彼らは移民推進によって「差別」ネタを増やし支持者を増やすこともできるわけです。
たとえ移民本人に悪意がなくてもです。この点からも、未然に防がねばなりません。
Posted by 弓取り at 2014年09月16日 23:38
単一民族国家日本を根底から破壊して外国人の巣窟にする為の機関として内閣府は様々な売国政策を策定していますが、新たに見つけたものがこれまた酷いです。
http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/mondai/index.html

「青少年問題調査研究会」は、内閣府の主催で関係各府省の職員等が出席し、複雑化する青少年問題について、学識経験者あるいは実務家による講演をいただき、意見交換を行うことにより、今後の政府の施策の企画立案・実施の参考とするため開催しています。

日系ブラジル人教師と在日韓国人3世の帰化人の主義主張が筋金入り地球市民脳の多文化共生主義者及び国家破壊主義者です。
http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/mondai/index.html
一部抜粋しますね
日系ブラジル人教師私の力や皆さんの力は、めちゃくちゃ大きい力はないのかもしれませんが、まずここに来て、ちょっとでも変えたいという気持ちを持っていただいて、それぞれが活躍されている場所で、自分の意見を持って言っていただければ、何かが変わると信じていますので、ぜひとも田中先生や私の話を聞いたことで、何か変えていただければうれしいと思います。

私みたいに、外国人のみんなが日本で頑張ろう、日本が大好きで、変えたいと思うかどうかはわかりません。でも、10人の中の1人、100人の中の1人でも変えたいと思えば、その力は限りなく大きいものになっていくと思いますので、それを信じていただいて、何らかの行動を起こしていただけたらうれしいです。

在日韓国人三世の帰化人
◦田中氏 最近、テレビで外国人の方の出演がすごく増えて、やたら外国人に日本をどう思うかみたいな番組が増えたと思ったら、外国人の労働者をこれからどんどん活用していこうという波が押し寄せてきて、あれよあれよという間に、介護の方、看護の方、家事の方などを外から入れ込もうという動きが、すごい勢いでやってきていると思います。外から新しく来る外国人の方に向けて、今、そういう議論がなされていて、おもてなしも含めて、いわゆるWin-Winのような形での受け入れが推進できるとは思うんですが、今、日本国内で活用されていない外国人の方、あるいは働こうと思っている若い方が非常にたくさんいらっしゃいます。

今後、外国の方に日本の活性化の一部を担っていただこうと考えているのであれば、まずは今いる外国人の方々の生活をどういうふうに支えていくのか、あるいは一緒に頑張っていただけるように、整備をするという視点を持っていただけたらと思っています。それが必要だと発信できるのは、外国につながるお子さんのことを学ぼうということを考えてくださる皆さんだと思っています。

なし崩し的に日本人を外国人に尽くす奴隷として利用して外国人の巣窟にしてしまう様な機関が日本政府内にあります。生粋の日本人にしてみれば百害あって一利なしです。

内閣府への抗議は勿論の事、総務省や首相官邸に多文化共生政策の破棄を求めていく事にご協力お願いします。不可能実証済みの多文化共生政策を破棄しない限り、地方自治体の外国人を日本国民扱いするような政策が止みません。多文化共生系NPOなどの団体が日本に無くすこと、行政機関に多文化共生課をなくすことが是が非でも必要かと。

国際交流の意味を履き違えて、外国人に媚びへつらい自国民が泣きを見て外国人に都合のいい日本にさせては絶対駄目です。

人種問わず日本を多民族国家にしたがる外国人、帰化人、混血外国人が無数にいます。それに組する地球市民脳日本人も無数にいます。それらの人の危険性を一人でも多くの日本人に知らしめていきましょう。





  


Posted by 多文化共生主義者=国家破壊主義者の国賊です at 2014年09月16日 18:58
いかにも私は、「外国人が大嫌いな移民反対派」です。でも残念ながら、「嫌いだから反対」なのではありません、因果が逆です。移民がいかに百害あって一利なく、危険な政策であるかに気付いた結果、外国人が大嫌いになりました。
それが証拠に、「○○国人はイヤだけど、××国人ならOK」などと、一切の差別をしません。国籍・民族問わず、「全ての外国人」を安易に日本に定住・永住させることに反対です。入国・在留許可をより厳格化すべきだと思っています。ですから、「犯罪者はお断りだけど、この人なら日本のためになる発言や活動をしてくれて、日本のためを思ってくれるから、何年でも日本にいてくれていい」などと、口が裂けても言いません。そういう人は数も希少だし貴重・・・ですか? その通りです。ぜひ日本のためになる活動を、日本でなく祖国でしていただきたい。

永住傾向が強く、侮れない移民のカテゴリーの筆頭は「日本人の配偶者」だと思います。いくら、祖国の現状を憂え、ついでに日本の心配もしてくれて、どんなに日本を好きになってくれても、日本に住み着いた、イコール結局祖国を捨てた人たちです。そういう人は、どなたかもおっしゃったように、事あれば祖国以上にあっさりと日本を捨てうる立場にある人たちです。しょせん外国人は外国人、移民は移民、エトランゼです。祖国を憂えるのなら、なぜさっさと帰ってその立て直しに尽力しないのでしょう。各国を救えるのはその国民だけ。自明なのに。私はそういう人たちの、日本でぬくぬく暮らしながらの発言になんら説得力を感じません。(くしくも先日、こちらで在日外国人ブログのご紹介が複数ありましたが、決してあてつけではありません! それぞれの文脈で、彼らの発言を大いに利用するのはアリだと思います!!)

ということで、日本人と結婚後3年で永住許可とは、とんでもない! 日本人の国際結婚での離婚率は一説によると3組に2組と聞きます。3年以内に離婚する者も多いと想像します。最低でも「10年」とすべきでしょう(溜息)。それで少なくとも日本人の側には不都合はないはず。3年で離婚しても帰国せず居座るって、グローバルスタンダードでは「偽装結婚」とはいわないのでしょうか??

乱文、長文、失礼いたしました。
Posted by ザッケルーナ・ジャパン at 2014年09月16日 16:40
富裕層向けの高級マンションにも・・・。ありうるかもと想像はしておりましたが、いざ実態を聞くと生々しくて絶句しますねorz
一方で、芝園団地などの公営住宅やいわゆる福祉物件など、低所得者向けの集合住宅での問題はさらに深刻だし。いったい、これから日本人はどういう住宅なら安心して住めるのでしょう!? 一戸建て住宅街にもそのうち浸食してくるのでしょうか(*.*)。実際、在留資格があって住み着いてしまった者を追い出すのは、実質不可能ですよね。ですから、シナ人にご近所に住み着かれて迷惑している皆さんには、もっともっと声をあげて、当事者として生々しい現場を伝えて、政治問題として移民に反対していただきたいです。どういう方法があるかは、八重桜さんのブログをご参考に・・・(笑)
それにしてもこのマンション記事の記者の、「完全にヒトゴト」目線が腹立ちますよね。「隣人として歓迎すべき中国人」ってたとえばどんな奴よ? どこにそんな奴がいるよ? お前の知り合いかよ? 偉そうにぬかすな(怒)と思います。
Posted by 雷雲のワルツ at 2014年09月16日 15:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック