にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年08月25日

維新政党・新風 鈴木信行氏代表講演「多文化共生と地域社会 〜文化防衛論〜」(8/16シンポジウム)

「移民や多文化共生の問題点をタブー視せず堂々と述べられる政治家を応援しよう!」と思われる方は
まずこちらをクリック! ↓


政治 ブログランキングへ


八重桜の会主催 10/5 三宅 博衆議院議員講演会 「戦後日本の実相」

八重桜の会は、「ヘイトスピーチ規制」に断固反対いたします。

8月16日に行われたシンポジウムにつきまして、
先生方の了承を得られました講演より、随時掲載しております。

今回は、維新政党・新風の鈴木信行代表による講演内容になります。

多文化共生と地域社会 〜文化防衛論〜(鈴木信行氏)

Img_4645鈴木代表small.jpg

・古来、日本人は海外の文化を吸収してきた。しかし、全てを受け入れてきた訳ではない。
悪い文化や風習は受け入れなかった。
・例えば、中国の纏足がある。女性が逃げないように足を無理やり小さくする習慣である。こういった悪習をブロックすることが排外主義であるはずが無い。
・日本文明は1つの独自の文化文明である。
・守るべきものと、受け入れるべきものを区別してきた。何でも無分別に受け入れることが、「開かれた社会」であると考えるのは大きな間違いである。
・JR等では、日本語や英語の他にハングルや北京語が併記されており、文字が小さく見にくいと感じる人も多い。日本語と英語だけで十分通じるはずである。
・日本文化を守らなくてはいけない。その防衛ラインは、まず第1に皇室である。天皇中心の文化、伝統、歴史を守れずして日本文化を守れるはずが無い。
・第2に日本語である。外国人の留学生に聞いた所、日本の不便な点は「日本語」であるという。「日本語」自体が、日本を守るバリアーの機能を果たしているのだ。
・言葉を失った民族はアイデンティティーを喪失してしまう。経済効率のみを考え、文化を守らなければ、その国家は必ず衰退するであろう。
・日本人が一方的に譲歩し、他国の文化を受け入れることは日本を滅ぼす。中国が沖縄や尖閣への野心を捨て、韓国が竹島の不法占拠を辞めずして、友好はありえない。
・身近な例では、外国人ばかりの団地が存在する。これは中国人や韓国人とは限らない。地域社会への負担が少しづつ増えてきている。
・地方税や社会保険料を払っていない外国人は多く、高齢化に伴い社会保障制度を活用する外国人が増えることが予想されている。外国での手術代を日本が負担するような制度は改めるべきである。
・結婚後に離婚し、生活保護を受けたり、犯罪に走る者も多い。
・多くの外国人は日本語が不自由であるため、時給1,000円以下の場合が多い。
・生活保護は、厚生労働省の指示により自治体の裁量で外国人にも給付されている。
・フィリピン人の7割は母子家庭というデータがある。フィリピン人の母親が離婚し、別の外国人と結婚すると、その結婚相手の男性も日本に住めるようになる歪んだ制度がある。
・外国人労働者の受け入れには、厳格なルールが必要である。例えば、犯罪を犯した外国人を国外追放できる条件が必要である。これには、左翼が反対している。新たな左翼ビジネスだからである。
・葛飾区には、中国・朝鮮人を支援する極左系労働組合が在る。外国人のバイトを雇って3ヶ月たつと言うことを聞かなくなる事例がある。そこで雇用をやめようとすると、労働組合が乗り込んでくる。大型バスで集団で押しかけ、お金を取られることになる。
・以前は、観光という名目で日本に来て、そのまま日本に住み着く外国人が多かったが、最近は減っている。簡単に日本に住めるようになったため、やる必要が無くなったのである。
・安倍政権は15万人の外国人研修制度を掲げている。例え日本国籍を取ったとしても、犯罪等を犯した外国人は国籍を剥奪する仕組みが不可欠である。
・多文化共生と言えば良いことに聞こえるが、経済面だけ考えても生活保護等の社会保障費の増大等、マイナス面が大きい。
・外国人の流入を止めることは難しい。現実的には、外国人をどう受け入れ、どういう時に排除するのかを皆で考え、政府に訴えていくことが大切である。
・脱法ドラッグという言葉がある。法律では違法ではないが、麻薬に近い薬物である。
・安倍政権が進めているのは、脱法移民である。合法的に移民が増えてしまう。
・脱法ドラッグと構造は同じである。脱法移民を認めてしまうと、地域が浸食されてしまうのである。
・今だけの経済を考え移民を受け入れるのではなく、文化防衛を考える必要がある。文化、文明、歴史を守る視点を忘れてはならない。
・自分は建設業に携わっていた。建設業は15万人の人手が足りないと言うが、疑問である。日本人のニート、フリーターは200万人以上に上る。人材は余っているのだ。
・政府の生産年齢人口の統計も適切ではない。昔は中卒から55才まで働いていたが、今は大卒から65才まで働く人が多い。自分の母親も自治体職員として65才まで働いていた。昔と今を同じ基準で比べることはできない。
・建設業で外国人を時給800円で使っているという。同じ条件で日本人が働く訳がない。打つ手は沢山あるはずだ。労働人口が足りない訳ではないのである。
・暮らしを守るために経済を守りつつ、その裏付けである地域社会、日本文化を守ることが大事なのである。

八重桜の会は、「移民・外国人労働者受け入れ・多文化共生」に
反対する議員を応援します!


そのほかの講演要旨はこちら
鈴木正人埼玉県議会議員講演「地方議員から見た移民政策の問題点」
次世代の党 犬伏秀一衆議院東京都第四支部支部長講演「これでいいのか、地方自治体の体たらく」

「今だけの経済を考え、『脱法移民』を受け入れる政策に断固反対!」という意見にご賛同いただける方はこちらをクリック! ↓

政治 ブログランキングへ

【寄付のお願い】
講演会をはじめ、八重桜の会のリアルイベントは、一定の入場料をいただいて、
全額を運営実費に回しておりますが、それでも会場代・備品代など
全体として赤字となっています。
もしこうした講演の要約、動画配信、調査活動などをWebでご覧になり、
ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、
少額でも寄付をいただけますと大変ありがたく存じます。
頂戴した寄付金は全額イベント開催や調査活動、
広報活動などの実費に使われますので、
結果的には移民反対運動の推進や、
最前線に立って移民と多文化共生に反対する
議員や論客への応援となります。
皆様のご協力を何卒よろしくお願いいたします。

記号 10030 番号 55001241 名義「ヤエザクラノカイ」
銀行からの送金の場合 店名 〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番 008 口座番号 (普) 5500124
連絡先 info@sakuranokai.org
posted by AOI at 05:22| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
維新政党・新風以外の政党は全て移民賛成派です。
本当に日本人の日本国の為に政治を行ってくれる政党を国会に送り出さないと、取り返しのつかない状況になるのですが、それがわからないお花畑が多いので、このままでは次回の参議院選挙でも維新政党・新風が議席を取るのが難しくなっています。
少しでも維新政党・新風の功績や政策を拡散して、多くの人に知ってもらわないといけません。
Posted by 日本丸 at 2014年08月25日 15:54
そもそも移民推進派の論拠は、「移民が、社会保障費の財源になる」「高齢化対策になる」というものでしたが、実際は高齢化した外国人を生活保護で面倒を見ているので、本末転倒です。
外国人の生活保護受給者は、年間5000世帯ずつ増加していますが、すでに外国人が社会保障費の財源になるという移民推進派の主張は、完全崩壊しています。認知症患者も増加していますが、外国人に対応できる介護施設などありませんよ。
府中刑務所など、囚人の20%が外国人ですが、わが国の外国人の比率から考えれば、異常なほど高い。今や、日本において最も国際色豊かな場所は刑務所であり、唯一多文化共生社会が実現している場所です。個々でみれば、立派な外国人もいますが、全体的に見れば外国人は、日本人にとって負担となっていると思いますね。

そういえば、原発事故の時、自分の子供を置いて逃げた外国人が大勢いましたが、彼らにとって子供など、日本に寄生して金をたかるための道具に過ぎなかったのですね。
こんなのを日本においておく理由って、何なのでしょうか?
Posted by ウミユリ at 2014年08月25日 14:35
またしても貴重なお話です。当日参加できなかった人のための記事をありがとうございます。直接、先生にお尋ねしたかったことがたくさんあります!たとえば

・外国人は日本人と結婚すると「日本人の配偶者」として定住資格が与えられますが、離婚した時点で該当外になって、法的には資格を剥奪されないの? それは子供がいて、その国籍が日本になるから?(まあ法律がどうあれ、人権だかわいそうだと頼まれもしないのに騒ぐバカが日本には事欠かないから、実際の運用は別ですが)

・これはたしか法律でも決まっていると思いますが、罪を犯した在日外国人は、一般永住者まで含めて、1年以上の懲役刑の判決で、受刑後強制退去のはずですね。特別永住者(つまり朝鮮・韓国人)は、入管特例法に守られていて、そうはなりませんが、それ以外の外国人も、実質的には罪を犯しても叩き出されることは滅多にないのですか。

・観光名目より楽な日本への不法入国・滞在経路って、いったい何!?? 想像もつきません。偽装結婚でもいちおう「相手」が必要だし、就学も就労も研修も、形だけにしろ一定の実績は必要なので、観光よりはハードルが高い気が・・・
(^^;) まさか、対馬や地方のあちこちに乱立した意味不明の「国際空港」経由の、手薄な「出入国カウンター突破」ですか!?(それしか考えられん)

・現在の在日外国人はよく「200万人」と言われますが、これには留学や技術研修、企業駐在員など、一定の在留期限のある者も含まれますか、それとも「特別永住者 + 一般永住者」ですか。

などです。
それにしても、それにしても。日本の国益に合致する外国人が日本に一人もいないとは言いませんが、やはり「お荷物要員」が圧倒的なのを改めて実感します。新たに入れるのを検討するなら、せめてそれらを追い出してからにしてほしいですね。彼らの実態は生々しく、知れば知るほど頭が痛くなりますね、知らないほうが幸せというかorz でも、私たち、この問題に関心を持ち、危惧する日本人が、目をそらしてはいけないのでしょうね。これからも注目いたします!
Posted by コッペパンウーマン at 2014年08月25日 13:08
素晴らしい発言ですね。是非動画などでもアップしていただきたいと思いました。
Posted by shin at 2014年08月25日 11:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック