にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2014年08月20日

鈴木正人埼玉県議会議員講演「地方議員から見た移民政策の問題点」
(8/16シンポジウム)

「移民や多文化共生の問題点をタブー視せず堂々と述べられる政治家を応援しよう!」と思われる方は
まずこちらをクリック! ↓


政治 ブログランキングへ


八重桜の会主催 10/5 三宅 博衆議院議員講演会 「戦後日本の実相」

移民反対運動は今や全国規模に! 他団体のイベント情報はこちら

8月16日に行われたシンポジウムにつきまして、
先生方の了承を得られました講演より、随時掲載しております。

はじめに、埼玉県の鈴木正人県議会議員の講演内容になります。

地方議員から見た移民政策の問題点(鈴木正人氏)

Img_4603鈴木議員small.jpg

・埼玉は都市部に属し核家族が多く、少子高齢化も進んでいる。
上田知事も労働人口の減少に憂慮している。
保育所を増やす等の施策を取り出生率は1.29に微増したが、
根本的な解決にはなっていない。

・安倍政権は公共事業を増やしたが、埼玉では入札に応じる業者がいない、
不調不落になる場合がある。移民の労働力が欲しいという意見もある。
一方、建築業の現場の人は、
本当は外国人を入れなくても大丈夫という意見もある。
言語や習慣の違いがあるためである。
公共事業悪玉論が台頭し、公共事業の予算が削減された。
予定価格は下がり、日本人がまともに働けない状態となった。

・埼玉の蕨市にカルデロン一家が住んでいた。
親が不法滞在し、TVでは無理矢理国外に追放される、
かわいそうなお姉さんというイメージだったが、密入国は法律違反である。
弁護士の飯の種であり、偏向マスコミが、かわいそうと煽ったわけである。

・川口市には芝園団地がある。2400世帯の低所得者向け公団住宅である。
住民の3〜4割が中国人である。

・多くのトラブルが起きている。つばを吐いたり、夜に大きな声を出したり、
ごみ収集のトラブル、公共の場所でトイレをする等である。
それまで住んでいた日本人は違う場所に引っ越してしまう。
団地の中には北京語での注意書きが貼られている。
近所の住宅地にまで迷惑が及んでいる。
自治会に聞くと、騒音被害やトイレの迷惑がある。

・県議の立場で、できることは少ない。
URが外国人も関係なく入居させるのは問題ではないかと思う。
川口市議に聞いたが、モラルを訴えることしかできないと言っていた。

・スウェーデンのヒュースビーには多くの移民が住む団地街がある。
犯罪に手を染める者も多い。
 消防車を出すにも、パトカーの護衛が必要なほどである。
日本も将来そうなるかもしれない。
最終的には、国会議員に問題を解決してもらう他ない。

・外国人実習制度が最長3年だったものが5年になり、
高度人材ポイント制度など、永住権や帰化が認められやすくなった。

・中国人は中国に住みたくない。大気汚染、一人っ子政策がある。
日本は空気もきれいで治安もいい。
 更に負担しなくても自治体の裁量で生活保護がもらえる天国である。

・朝鮮学校に補助金も出していた。
上田知事が凍結し、議会で予算自体を廃止した。
また、議会で慰安婦問題について議論したところ、10人位が押しかけてきた。

・埼玉県の多文化共生予算を調べたところ、県立図書館の他言語化281万、
外国人児童生徒への支援 356万、多文化共生推進委員1,125万。
国際交流員381万という結果。
しかし、多文化共生とは別の枠で、日本語指導対応加配教員が存在する。
小学校52校で57名、中学校19校で19名。埼玉県職員の平均給与は743万円。
76人で5億6468万円が毎年使われている計算になる。
外国人が増えると、さらに支出は増えることになる。

・埼玉県には女性の権利を守る会館まであり(ウィズユー埼玉)、
女性の人権と称した左翼フェミニズム運動の中心になっている。
ここでは日本人の人権は守らないが、
外国人の人権は守る運動も広がっている。税金の無駄遣いである。

・来年、統一地方選挙がある。
正しい国家観、歴史観を持った議員を増やさないといけない。
地元で良い議員を増やし、発掘することが大事である。

八重桜の会は、「移民・外国人労働者受け入れ・多文化共生」に
反対する議員を応援します!


「正しい国家観、歴史観を持った議員を増やそう!」という意見にご賛同いただける方はこちらをクリック! ↓

政治 ブログランキングへ

【寄付のお願い】
講演会をはじめ、八重桜の会のリアルイベントは、一定の入場料をいただいて、
全額を運営実費に回しておりますが、それでも会場代・備品代など
全体として赤字となっています。
もしこうした講演の要約、動画配信、調査活動などをWebでご覧になり、
ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、
少額でも寄付をいただけますと大変ありがたく存じます。
頂戴した寄付金は全額イベント開催や調査活動、
広報活動などの実費に使われますので、
結果的には移民反対運動の推進や、
最前線に立って移民と多文化共生に反対する
議員や論客への応援となります。
皆様のご協力を何卒よろしくお願いいたします。

記号 10030 番号 55001241 名義「ヤエザクラノカイ」
銀行からの送金の場合 店名 〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番 008 口座番号 (普) 5500124
連絡先 info@sakuranokai.org
posted by AOI at 06:47| Comment(1) | TrackBack(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
詳しい人から小耳に挟んだ話ですが、先の最高裁判決(永住外国人は生活保護の対象外)を受け、自民党の厚生労働部会では、生活保護制度から外国人を明確に除外することをを検討しているようです。この問題に積極的なのが、参議院議員の片山さつき氏とのことです。応援しましょう! 
移民や多文化共生の一番の力である「外国人への生活保護」。在留資格があろうが、エサさえやらなければそのうち干上がってあきらめ、日本から出ていく奴も多いでしょうから、寄生虫どもを少しは減らせるでしょう。当たり前すぎる話ですが、もしそうなったら、今の現実からすれば夢のようですね。
Posted by 外国人の生活保護、見直しなるか!? at 2014年08月21日 16:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

10月5日講演会講師 三宅 博衆議院議員の紹介 | 「政治家は誰がなっても同じ」ではありません。
Excerpt: 「政治家は誰がなっても同じ」ではありません。
Weblog: 八重桜の会公式 移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会
Tracked: 2014-09-09 07:17