にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

愛知県の移民・多文化共生

情報サイトによく出てくる県シリーズ
そのトップ3に入るのが愛知県です。
No1と言っても過言ではないかもしれません。
愛知県が移民受入・多文化共生に熱心な県である
ことが伺えます。

下記は最近の情報からです。
----------
愛知県で外国人雇用セミナー、外国人と共に働くために
2019年9月13日

愛知県内には、『就労制限のない』在留資格を有する
外国人が17万人
いる。これらの永住者を始めとする
就労制限のない外国人(定住外国人)に活躍してもらうために、
県内企業の外国人雇用に対する理解を深め、
雇用を支援するための外国人雇用促進事業を
今年度新たに実施している。この事業の一環として、
外国人の雇用を検討している県内企業を対象として、
外国人雇用セミナーを県内4か所、
豊橋・名古屋・小牧・豊田で開催されることとなった。

外国人雇用に精通した行政書士等の専門家による、
在留資格に関する基礎知識を始め、外国人雇用の魅力や
ノウハウなど経営戦略や未来の人事戦略のヒント

大村愛知県知事がインドネシア・シンガポールに渡航
2019年9月13日

愛知県がシンガポール・中国等の海外プレス向けに魅力発信ツアー
2019年9月12日


愛知で多文化共生のため外国人児童生徒等がスピーチコンテスト
2019年9月11日

愛知県では、多文化共生の推進を行うため、
幅広い分野における取組を実施している。
この取り組みの一つとして、母語が日本語以外の者を対象とした
「外国人児童生徒等による多文化共生日本語スピーチコンテスト」
を定期的に開催しており、
今回は2019年度のコンテストが実施されることとなった。

愛知で外国人材受入と共生推進のため生活環境と日本語学習等を協議
2019年9月6日

愛知県では、
改正出入国管理法による
新たな在留資格「特定技能」の創設されたことに伴い

外国人材の適正な受入れや共生の推進に向けた環境整備が
適切に行われるよう「あいち外国人材適正受入れ・共生推進協議会」
今年の2月に設置していた。
今回は、この協議会の生活環境ワーキンググループと
日本語学習・日本語教育WGの第2回会議が開催されることとなった。
名古屋出入国在留管理局、愛知労働局、東海北陸厚生局、
愛知県商工会議所連合会、愛知県商工会連合会、中部経済連合会、
愛知県経営者協会、愛知県中小企業団体中央会、
日本労働組合総連合会愛知県連合会、名古屋市、愛知県市長会、
愛知県町村会、愛知県国際交流協会、東海日本語ネットワーク、愛知県

議事
〇『生活環境WG』では、「国の概算要求(生活環境関係)について」
「基調報告:災害時の外国人支援について
(特定非営利活動法人多文化共生リソースセンター東海から)」
「意見交換(災害時の外国人支援等について)」
〇『日本語学習・日本語教育WG』では、
「国の概算要求(日本語学習・日本語教育関係)について」
「日本語教育の推進に関する法律について」
「意見交換(日本語教育における地域との連携等について)」

愛知県は県内在住の26万人を超える外国人県民の子育てを支援
2019年9月5日

愛知県は、県内に在住する26万人を超える外国人県民の
子育てを支援する取り組みの一つとして、
多文化子育てサロン」を県内3か所で実施することを発表した。
愛知県には、全国で2番目に多い
26万人を超える外国人県民が暮らしており、
この人たちの永住化が進む中で、
県内で子どもを産み育てる外国人県民も増加している。

大村愛知県知事がインドネシア・シンガポール・ベトナムの東南アジア訪問
2019年9月3日


愛知県は多文化共生を促進、企業・行政・地域の日本語教室の連携を
2019年8月29日

愛知県は、テーマを
「企業や行政と地域の日本語教室の連携を考える」として、
「あいち多文化共生タウンミーティング2019@名古屋」を
9月28日にあいちNPO交流プラザ会議室で開催することを発表した。

愛知県では、多文化共生を推進する様々な担い手が、対等な立場で
連携・協働する体制づくりを促進するための
タウンミーティングを開催している。
今回は第2回目となるミーティングが開催されることとなった。

予定されているタウンミーティングのプログラム
名古屋外国語大学名誉教授からテーマ
「企業や行政と地域の日本語教室の連携を考える」とした基調報告
その後にパネルトークとして、コーディネーターを
地域日本語教育コーディネーターが務め、
パネリストに有限会愛知国際教育センターの代表取締役、
名古屋外国語大学名誉教授、東海日本語ネットワーク、
愛知県県民文化局多文化共生推進室の室長補佐を迎えて、
企業・地域の日本語教室、行政など
様々な立場のパネリストの話を聞き、
会場全体で意見交換を進める。定員は50名、参加費は無料となる。

愛知県の大村知事は中国オンライン旅行会社と外国人誘致促進の協定締結
2019年8月14日

ラベル:多文化共生 移民
posted by yaezakura at 09:05| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする