にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年07月11日

特定技能施行に伴い受け入れ態勢活発化

外国人就労を拡大する新制度を盛り込んだ
改正入管難民法が4月に施行されたことを受け、
全国各地で動きが活発化しています。
報道のごく一部を掲載しておきます。

東海 NEWS WEB
全国初 外国人支援のネット発足
07月10日
 
外国人が多く暮らす東海3県の外国人支援団体が連携し、
課題や解決策を国に提案していく組織を立ち上げました。
こうした取り組みは全国で初めてだということです。
10日、発足したのは「外国人支援・多文化共生ネット」で、
メンバーが名古屋市内で記者会見を開き、活動方針を公表しました。
このネットワークは、ことし4月に外国人材の受け入れが拡大され、
今後、地域に暮らす外国人がより増えると見込まれることから、支援団体で連携し、
支援を強化していこうと設けられました。
ネットワークに参加する東海3県の外国人の生活支援や子どもの教育などにあたる9つの団体は、
今後、情報を共有しながら課題を洗い出し、名古屋出入国在留管理局を通じて
国に解決策を提案していくということです。
ネットワークの坂本久海子代表は「個々に活動していた団体がひとつにまとまり、
より大きなパワーが発揮できれば、国や企業に働きかけられる。
多様性が豊かさになる社会の実現を目指して歩んでいきたい」と意気込みを語りました。


介護ケアプランにAI・外国人向け補助金 愛知の自治体が支援策

県は介護職を目指す留学生の授業料を補助する制度を創設し、
外国人人材の呼び込みを強化する。高浜市は人に代わり、人工知能(AI)で
訪問介護利用者のケアプランをつくる実証実験を始める。
今後のさらなる人手不足に備え、対策の拡充を進める。


外国人実習生の保護へ連携 大分の30団体が協議会設立

「外国人の子どもに教育機会の確保を」
 受け入れで施策発表 文科省のチーム

文部科学省内に設置した
「外国人の受入れ・共生のための教育推進検討チーム」
(座長・浮島智子副文科相)は17日、
就学実態の把握や
日本語教員の育成などを求める報告書をまとめた。

三重県議会外国人労働者支援調査特別委員会
(令和元年5月29日)


生活する外国人、海外ルーツの子ども支援策拡充へ
ー政府が共生のための総合的対応策追加案発表


「日本人と同じに」外国人労働者受け入れ、九州も模索
外国人労働者の新たな在留資格「特定技能」を新設する
改正出入国管理法が施行され、九州でも対応が本格化しつつある。制度設計が急ピッチで進んだこともあり、
現場の準備は十分とは言い難いのが実情。「日本人と同じように生活してもらえれば」。
長く共生できる環境をつくろうと、受け入れ側も試行錯誤している。


―辻調グループ2019年度留学生データ発表―
新在留資格「特定技能」、新入留学生の認知度は34.2% 
46.6%の留学生が「特定技能」を取得し日本で働きたいと回答


外国人増で日本語教室手いっぱい
福山市


外国人実習生はバス100円 紋別市が生活支援 
市民団体と協力、乗り方指導も
06/05

【紋別】市は、市内で働く外国人技能実習生が路線バスの市内区間を
100円で利用できる乗車証の発行を始めた。実習生の生活支援とともに、
利用が伸び悩む路線バスの活性化も狙う。乗り方が分からない実習生も多いことから、
市民団体と協力して教室を開き、利用を後押しする考えだ。

 市内では4月末現在、ベトナム、中国、タイ人の実習生約350人が
水産加工や酪農、林業などに従事している。
バスの市内区間の運賃は150〜740円だが、実習生は乗車証を提示すれば100円で乗れる。

 市は4月25日からこのサービスを始め、同月末までに9件の利用があった。
事業費は400万円で、全額を市が持ち出す。運行するバス会社に対し、
運賃の差額の補填(ほてん)などに充てる。

 実習生はほとんどが車を運転せず、平日の夕方や休日には買い物の際、
重い荷物を抱え、歩いて帰ることが少なくないという。
バスの乗り方が分からず利用を敬遠するケースもあり、
市は路線バスの利用促進に取り組む市民団体「乗ろうよバスの会」(竹内珠己会長)と協力し、
「バスの乗り方教室」を企画した。


「新多文化共生の学校づくり 横浜市の挑戦」
出版記念シンポジウム
「多文化共生の学校づくり 〜地域との連携を中心に〜」
05/31/2019


岐阜 特定技能外国人5500人受け入れへ 
県、今後5年間試算
2019年06月05日


他にも、広島県、東北、西尾市、福岡県・・
等の記事がありましたが、リンクが切れているため
割愛します。
ラベル:特定技能 自治体
posted by yaezakura at 11:42| Comment(0) | 移民政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする