にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年05月28日

外国人材雇用と受入れ方セミナー

【「外国人材雇用と受入れ方セミナー」開催のお知らせ】
茨城県外国人材支援センターより、
「外国人材雇用と受入れ方セミナー」

1.日  程   県南会場:令和元年6月21日(金)
         県央会場:令和元年6月28日(金)
2.時  間   13:30 ~ 16:30(受付12:30開始)
3.会  場   県南会場:霞ヶ浦環境科学センター多目的ホール(土浦市)
         県央会場:水戸合同庁舎(水戸市)
4.費  用   参加無料
5.問い合わせ  茨城県外国人材支援センター 
TEL:029-239-3304
HP:https://ifc.ibaraki.jp/
ラベル:茨城県
posted by yaezakura at 17:03| Comment(0) | 移民雇用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終わりの始まり 悪夢の始まり 地獄の始まり

外国人の日本語教育充実へ 推進法案 全会一致で衆院通過
2019年5月28日

日本で暮らす外国人の増加に合わせて国と地方自治体に
外国人の日本語教育充実に向けた具体策の実施を求める法案は、
4月28日の衆議院本会議で全会一致で可決されて参議院に送られました。

「日本語教育推進法案」は、外国人の日本語教育を充実する
施策の実施は国と地方自治体の責務だと明記しています。

また、日本語教育の水準を向上させるため、
国には外国人の子どもを指導する教員の配置や養成に必要な施策や
働く外国人への日本語研修などに支援を行うこと
を求めています。

さらに、関係省庁が参加する「日本語教育推進会議」を国に設けて、
日本語教育の推進に向けた関係機関との調整を図るよう義務づけて

います。

法案は28日の衆議院本会議で採決が行われ、
全会一致で可決されて参議院に送られました。
posted by yaezakura at 15:37| Comment(1) | 日本語教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移民関連報道

ネットを開くと飛び込んでくるのは
移民移民移民移民関連のニュースばっかりです。
5年前と比べて格段に増えた外国人様に関する報道。

大卒の外国人留学生、就労拡大へ
2019.5.28

山下貴司法相は28日、閣議後の定例会見で、出入国管理法(入管法)に基づく法務省告示を改正し、
日本で大学を卒業したり大学院を修了した外国人の就労先を拡大し、飲食店や製造業の現場などで
働くことを認める方針を示した。改正告示は今月30日の施行予定で、年間数千人の就労拡大を見込む。
外国人留学生の就職支援策の一環。日本企業の人手不足の解消の手段として期待される一方で、

日本人の雇用の低下や給与水準の低下を招く恐れも懸念される。
 日本の大学を卒業、大学院を修了した外国人らについては、日本で就職する際に「技術・人文知識・国際業務」という
在留資格をとるのが一般的。職種は同省告示で、実質的に研究職や事務職、専門技術職など
「ホワイトカラー」に限られてきた。 今回の改正では、大学などでの専門知識の活用や
高い日本語能力を持つこと、日本人と同等以上の報酬を得るなどの一定条件の下、一般的な現場での就労を幅広く認める。
今後は、大卒や大学院修了の外国人が日本の飲食や製造業などの現場でも日本で働き続けることができるようになる。

法務省は、外国人留学生の日本国内での就職率を現状の3割から
5割に引き上げる政府方針や閣議決定をふまえ、告示改正を決めた。


日本で就職の韓国人対象に懇談会 在日大使館
2019.05.23 16:07

関連記事
「日本企業に就職したい」 ソウルで博覧会=1千人超来場
韓国・釜山で日本就職のための博覧会 約110社参加
財界が若者の日本就職支援 観光・サービス業の人材養成=韓国
日本企業への就職を支援 釜山外国語大が博覧会開催へ=韓国
駐日韓国大使 経団連会長に感謝状=若者の日本就職促進を要請


こども園に飛び交うポルトガル語 
東近江に外国籍園児向け教室 母語で安心できる場狙う
2019年5月23日

滋賀県東近江市は今年4月、認定こども園「市立ひまわり幼児園」(同市沖野3)に
外国籍の園児向け教室を開設した。同市では外国人数が県内平均を上回る約2.9%を占め、
特にブラジル国籍が多い。そこで母語であるポルトガル語の通訳が教室に常駐。


政府、難民受け入れ拡大へ=「第三国定住」年間100人以上に
西南学院大で「やさしい日本語」公開講座
2019/5/20

改正入管難民法の施行を受け、日本語が苦手な外国人にも伝わりやすい
「やさしい日本語」について学ぶ公開講座

「やさしい日本語で世界と繋がる
〜多文化共生社会をめざして」
が、
福岡市早良区の西南学院大で22日からスタートする。一般市民が対象

字幕付き動画始めました 「やさしい日本語」ニュース
西日本新聞がウェブサイトで発信している「やさしい日本語」ニュースに、
日本語が苦手な人にもさらに伝わりやすい字幕付き動画が加わりました。

外国人労働者との共生をテーマにしたキャンペーン報道
「新 移民時代」の一環として、
外国にルーツを持つ方などのために「みんなでつくる『やさしい西日本新聞』」をスタート。
福岡、佐賀など九州5県をカバーするFMラジオ局「LOVE FM」でも、4月から
「西日本新聞のやさしい日本語ニュース」を平日正午すぎに放送中。
 「やさしい西日本新聞」の記事は、福岡都市圏で配布されている
フリーペーパー「ファンファン福岡」にも掲載しています。


2019年5月21日
ドイツ、難民政策に過去最高の230億ユーロ支出=財務省資料

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツが昨年、移民・難民政策に過去最高となる
230億ユーロ(256億5000万ドル)を費やしたことが20日、
ロイターの入手した政府の資料で明らかになった。
財務省が準備した同資料によると、支出は前年の208億ユーロを11%近く上回った。
メルケル首相は22日の定例閣議で、難民や社会統合コストに関する年次報告について協議する
メルケル首相はイスラム諸国を中心に大量の難民を受け入れる2015年の決定について、
人道的に必要だと繰り返し主張しているが、難民問題の根本的な原因の解決に取り組むことで
難民が再び大量流入する事態を防ぐ方針も示している。


6.4「留学生と日本語学校と新聞の闇」
2019年5月24日

 1960年代後半から長い歴史を誇る「新聞奨学生制度」。
近年は人手不足や少子化から外国人留学生に頼る奨学会や販売店が急増。
昨年は「朝日奨学生卒業祝賀パーティーの参加者は日本人35名に対し、
留学生は311人」とニュースサイトで報じられました。

 
欧州議会選、反EU勢力伸長=主流2会派、初の過半数割れ5/27
2019年5月27日
欧州議会選、仏は極右が第1党へ マクロン氏は僅差で第2党
[パリ 26日 ロイター] - フランスでの欧州議会選が26日に実施され、
ルペン党首率いる極右の国民連合(RN)が第1党となる見通しだ。
ただ、マクロン大統領率いる共和国前進(REM)との差は僅差にとどまるもようだ。
エラブの世論調査によると、国民連合は23.6%の票を獲得し、共和国前進の22.4%を1%強上回る見通し。


【炎上】無礼で横柄な韓国人観光客にブチギレ激怒
和多都美神社の宮司がストレスで心臓発作「我慢の限界」
2019年5月27日


対馬の一島民として、豊玉町の人間として、
韓国人観光客の更なる増大に強く反対します。
私は日本人です。豊玉町の大好きな場所が破壊されていくのを
指をくわえて見ていようとは思いません。
嫌われ者になったとしても批判されても、
豊玉町と和多都美神社を護るための行動をとります。
神社や親父は関係ありません。これは、私 平山雄一として、
対馬に育ててもらった恩返しに対馬を護る行動をとりたいと思います


難民や移民が教授「マクドナルドラジオ大学」が25日開講

言葉が不慣れな妊婦でも、安心して出産できるように。
ある病院の取り組み2019/05/23

妊婦の10人に1人が外国籍で、うち3割がベトナム人という大和市立病院。
ベトナム人妊婦に対する両親学級が始まりました。
増える外国人に対し病院は「受け皿になりたい」
多様化する患者に病院が合わせていく努力
「4月からの改正出入国管理法の施行で、
今後どんどん外国人も増え、多様化していきます。
病院もそれに合わせて通訳を入れたり、
このように妊婦教室を開いたりと、
合わせて受け皿となっていきたいと努めています」
病院での資料も一部、大和国際化協会などの協力を得て、
英語の他、スペイン語やベトナム語に翻訳され配布されている。
「定住する人が増えれば、家族を持つ人も増える。」
今日も大和市立病院では、日本、そして
各国にルーツを持つ新生児が元気に産声をあげている


外国人急増社会
日本語教育で “ステップアップ” を
5月22日

『外国人急増社会』、けさは千葉県成田市です。
国際空港がある成田市に住む外国人は
この5年で1.6倍に増え、5,000人に達しています。
中には日本語が話せないため 安定した職に就けない人もいます。
そうした外国人の生活のステップアップのために、
ボランティアで日本語を教えている男性を取材しました。

外国人の増加で専門窓口設置へ
05月23日 

外国人材の受け入れを拡大する新たな制度が始まり、
外国人の数が今後も増えると予想される中、
佐賀県は、外国人・日本人双方からの相談を受け付ける
専門の窓口を今年度中に設ける方向で調整を進めています。
佐賀県内に住む外国人の数は年々増えていて、
ことし1月の時点で6327人と過去最高を記録し、
国籍も多様化しています。
佐賀市の県国際交流協会の窓口に専門の職員2人を
新たに配置したうえで相談スペースを設け、
外国人から生活や教育、福祉など、
あらゆる分野での相談を受け付けます。
内容に応じて市や町などとも情報を共有し、
解決に導くということです。
また担当者が各地に出向くなどして、
外国人の困りごとを聞く取り組みも行っていくということです。
さらに外国人との接し方などに戸惑う
日本人からの相談も受け付けるということです。
県は今年度中の窓口開設を目指して関連予算を
来月の県議会に提案することにしていて、
県国際課は「習慣の違いなどから来る悩みや戸惑いに寄り添い、
解決に導く仕組みを作りたい。
国籍に関係なくだれもが暮らしやすい佐賀県になるよう、
積極的に取り組みたい」としています。


外国籍の子どもに「言葉の壁」、日本語支援の現状
横浜市にある日本語支援拠点施設です。
中国など7か国から来日したばかりの小中学生15人が
通っています。
 横浜市では、
外国にルーツをもち日本語の指導が必要な小中学生が急増していて、
およそ1か月間、集中的に日本語を教えるこの学校を
2年前に開設しました。
「子どもたちは多分、ここで永住する子どもたちが多い。
(日本の)学校生活はいいんだよというところを教えてあげたい」
(日本語支援拠点施設「ひまわり」出川進校長)
文部科学省によると、日本語の指導が必要な小中学生は
全国におよそ4万4000人いて、そのうちおよそ1万人は
十分な指導を受けられていないと言います。
この日本語学校の責任者である田中さんによりますと、
日本語の能力を理由に学校に通えない子どもは他にもいると言います。
自治体によって支援のあり方に格差があると指摘した上で、
国による体制づくりが必要だと話します。
「必要な対策を行わなかったことでたくさんの子どもたちが苦しい思いをしてきた。
国が正面を切って外国人の力を借りる必要があるとした以上は、
しっかり対策を取ってほしいと思います」(青少年自立援助センター・田中宝紀事業責任者)


posted by yaezakura at 12:38| Comment(0) | 移民ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

NHKスクランブル化は竹中法案

竹中平蔵氏が提唱していたと聞いて
これは全く信用できない法案だと思いました。
一見国民のために見せかけているが、
どう考えても利益誘導です。

竹中平蔵氏が総務大臣に就任したことにより、
「郵政の次はNHKの民営化」
との観測が一挙に広まった。
民営化論そのものは昨年末に小泉総理自身が
否定的な考えを示したが、竹中総務大臣は
通信と放送のあり方を検討する私的懇談会を設置、
郵政民営化のマスコミでの旗振り役を務めた
松原聡東洋大学教授を座長に指名して
06年1月に発足させた。

同懇談会は半年以内に一定の結論を出すとしており、
NHK民営化の行方は予断を許さない。
政府の規制改革・民間開放推進会議は昨年末に答申を示し、
NHKについて関連会社の統廃合などとともに
BSデジタル放送のスクランブル化や
受信料制度の見直しなどを迫っている。
格差の拡大など新自由主義の歪みが目立つ中、
規制緩和や民営化を絶対視する「改革」論者の
財界人や学者ばかりを集めた諮問機関によって
政策の根幹が決定されていく手法には大きな問題がある。


民放労連デジタル化プロジェクト特別報告
放送の未来


ラベル:日記
posted by yaezakura at 23:37| Comment(0) | 竹中平蔵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移民じゃないはずなのに共生っておかしくない?

【多民族国家へ】アクセル全開!2019/5/20
外国人との共生の推進を柱とし、
基本方針を閣議決定する6月に向けて
具体論を話し合う。
基本方針は今後5年間の具体策を盛った
総合戦略に反映する。

政府、地方創生で方針案 
外国人との共生推進など6月へ具体策


アホウヨのアイドル安倍晋三首相が
移民じゃないと言い張ってはや5年ほど経つ。
今も移民じゃない、彼らは帰りますと言ってますよね?
帰るのに共生っておかしいだろ!!

安倍移民党はこの7年ずっと、移民政策だけを
やってきました!と認めろよ!!
このやろう!!

過去に「移民政策は国民のコンセンサスを得られていない」
と自民党がゲロッています!
自民「労働力確保に関する特命委員会」初会合、外国人活用を議論
人権問題としての移民には目を向けず、労働力としての外人を求人

2016年3月16日(水)10時15分
初会合ではMUFG証券のチーフエコノミスト、
ロバート・フェルドマン氏が講演し、
2%の経済成長を達成するには、労働力の確保は不可欠であり、
効率的に生産性に貢献する人を、どうやって入れるかが
重要な問題、などと述べた。その方策の1つとして、
日本の大学で日本語で授業を受けて卒業する海外留学生に
自動的に永住権を取得できる権利を付与することなどを提案した。


これに対し、出席した議員からは、外国人労働者を増やすことで、
賃金上昇が鈍るのではないか、などと懸念する意見が出た。


委員会では「国民的コンセンサスの得られていない
移民受け入れと誤解されないよう慎重に配慮しつつ

外国人材活用の在り方について検討を行う」としているが、
実質的には移民政策の是非を含めた議論にまで踏み込む見通し。

---------
日本の将来を心配する少しの良心をもっていた
選挙で選ばれた議員も、結局は自分可愛さに
だんまりを決め込んだのです。
そして竹中平蔵みたいな民間議員と
茂木としみつのような売国閣僚が勝手に法律を作り
日本人を地獄の釜へと放り込んでいるのです。
ラベル:日記
posted by yaezakura at 22:25| Comment(9) | 共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする