にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年04月04日

日本にはうじゃうじゃとたくさんの移民の子らが存在している

安倍首相が何年間も「移民政策は取りません」と
大嘘を吐きつづけてきたせいで、日本には移民はほんの少ししか
いないことになっているのだろうが
日本には本当にたくさんの移民とその子らが存在しているようだ。

“見えない”子どもたち

記事にある写真を見れば頭の中に
「うじゃうじゃと」という言葉が浮かんでくる。

外国籍の子ども 約8400人が「不就学」のおそれ

去年の時点で、6歳から14歳までの外国籍の子どもたち、
およそ12万人のうち、およそ8400人が小中学校に通えていない
「不就学」のおそれがあることがわかりました。


12万人も外国籍の子供たちがいるの?
帰化人とその子供たちの数も含めれば相当数になるね。
外国にルーツを持つ人々が増え続けている

中部に87人、国把握せず 養護施設の外国人児童

中部九県の児童養護施設に問い合わせたところ、
外国籍か無国籍の児童が少なくとも
九十人近く入所していることが分かった。
法改正でこうした子どもの増加も見込まれるが、
厚生労働省は外国籍の入所児童数を把握しておらず、
受け入れ態勢強化は施設頼みとなる懸念がある。


厚労省などによると、児童福祉法では
対象となる子どもの国籍を区別しておらず、
児相や児童養護施設などの対応は外国人児童でも
日本人と原則変わらない。法律上の区別がないため、
国籍別での全国的な統計は取っていないという。


政府も行政も無責任極まりないですね。
鉦や太鼓で移民を呼び寄せながら
後は知らん顔。受け入れさせられた国民の安寧も考慮せず
やってきた移民の実態も把握しておらず。

留学生700人が行方不明 東京福祉大に立ち入り調査
留学生700人行方不明:金儲けだけの学校はいらない
昨年入学した3179人の留学生のうち688人が行方不明で、
留学生の2割程度です。

技能実習生の失踪7000人 駆け込み寺、元難民が奔走
外国人技能実習生の失踪が後を絶たない。
受け入れ先企業とトラブルになり、姿を消すケースが目立ち、
2017年は7000人を超えた

etc.

実習生や留学生の行方不明の報道は何年も前からある。
一向になくならないのは政府の無策だ。
野放しになっているので大変危険です。
犯罪報道も聞かない日はありません。

日本政府は
「移民政策を色々とやっている。
日本を移民国家にして
外国人との共生国家にしている最中です。」
とはっきり言わなくてはならない。

地方の行政に丸投げで、地方は税金を使って通訳アプリを備えたり
日本語教室だの通訳だのと日本人の血税をどんどん使っている。

外国人270万人というがその中に行方不明者は入っているのか?
帰化人は?それらも含めれば300万人どころか
500万人はいるのではないだろうか。
新入管法により移民1000万人時代はすぐそこである。

ラベル:共生
posted by yaezakura at 10:26| Comment(4) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする