にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年03月28日

日本語ぷらっと

にほんごぷらっと

日本人と外国人が入れ替わっても平気な人達がいるらしい。
日本語議連ぷらっととはまさしくそういう人たちの集まりだ。
彼らはこう言うのである。

大学にとっても人手不足の企業にとっても、
すでに留学生は救世主のような存在だ。
この先も高度人材のタマゴとして、
また貴重な労働力として、
さらに重視されることなりそうだ。

日本人の18歳人口の減少に反比例するように
留学生が増加することが予想される。


日本語議連の事務局長馳浩議員は2013年10月頃に
留学生は外交官」というブログを書き
その中で、
金沢市内の有名ホテルのほとんどは、
中国や韓国からの留学生をアルバイトに使っている。
どうして留学生ばっかり使うんですか?
と支配人に聞いてみると、答えは三つ。
「だって、よく働きますもん。」
「それに、かしこいし、言うこと聞くし!」
「中国からの観光客も多いですから!」
 と。なるほど。
 イマドキの日本人学生よりも、よっぽど言うこと聞くし、
ハングリー精神があるし、礼儀正しいんだとか。なるほどね。

と何の疑問も呈さず納得し、さらには
安倍政権が日本の国益を取り戻す戦略の一つの柱として、
留学生を日本の外交官として取り込む日本発信政策は、
なくてはならない教育事業であるべきだ。

と結んでいる。
そこには日本人学生は一顧だにせず、何の抵抗もなく
外国から来た留学生に日本語を教え込んで
減りゆく日本人の代わりに仕立てようとする
売国奴の姿が浮かび上がるのである。

日本語教育推進基本法を推進しているのは
こういった日本人が減るから外国人でOkという
愛国心の欠片もない連中である。

日本語教育推進基本法案(仮称)政策要綱
平成30年5月29日


石原 進(いしはら・すすむ)
日本語教育情報プラットフォーム代表世話人
元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、
株式会社移民情報機構代表取締役。
2016年12月より当団体を立ち上げ、
2017年9月に言葉が結ぶ人と社会
「にほんごぷらっと」を開設。

防衛施設中央審議会の委員について
平成23年8月26日
防衛省


 8月23日の閣議において、当省に置かれる
防衛施設中央審議会の委員の任命が承認され、
8月27日付けで防衛大臣から次のとおり
発令される予定です。

(株式会社移民情報機構代表取締役)
石原 進(いしはら すすむ)

防衛施設中央審議会委員に任命する

(平成23年8月27日)
防衛施設中央審議会概要
阿部達也 青山学院大学教授
石原 進 株式会社和歌山放送顧問
岩間陽子 政策研究大学院大学教授
阪田恭代 神田外語大学教授
住田裕子 弁護士
中西 寛 京都大学法学研究科教授
渡部恒雄 笹川平和財団上席研究
[平成30年4月1日現在]
--------
日本語教育推進議員連盟(仮称)設立総会
(2016 年 11 月 8 日(火))
設立総会が開かれました。当日選出された
役員名の一部を記します。
会長 河村 建夫(元文部科学大臣,自民党)
会長代行 中川 正春(元文部科学大臣,民進党)
事務局長 馳 浩(前文部科学大臣,自民党)
幹事長 笠 浩史(元文部科学副大臣,民進党)
posted by yaezakura at 14:35| Comment(4) | 多文化共生問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする