にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2016年01月29日

引き続き正しい知識を広め、抗議・意見しましょう。(外国人労働者・難民関連)

「外国人労働者は移民でない、などという詭弁で国民をだますのはいい加減にせよ!我々はとっくに気付いている!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

Yahoo投票「日本の難民受け入れをどう考える?」- 投票し、「一人たりとも受入れるべきでない」という選択肢がないことについて抗議コメントをしましょう。

【ご協力お願い】Wikipediaを活用して、移民・多文化共生問題を幅広く周知しましょう。

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 実は私も内心そう思っていた、という反応が返ってくることが増えています。

【2月7日締切】地図記号に関するパブリックコメントを提出しましょう

おかげさまで、昨日・一昨日のツイッターデモは年末にも増して、大勢の方にご参加いただきました。
ご参加くださった皆様、拡散にご協力くださった皆様、団体として参加くださった「ネット保守連合」様に、この場をお借りして感謝申し上げます。
「移民反対ツイッターデモ」は、月例化していきたいと考えております。次回も開催前に案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

---
さて、本日はこちらのニュース。

参院代表質問 首相「移民政策をとることは全く考えていない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-00000525-san-pol

abe_baikoku.jpg

おそらく、このブログにリピートで訪れてくださっている方は、「安倍政権は移民を受け入れないんだ、よかった!」などと本気で思われている方は少ないと思います。

三橋氏のブログに、言いたかったことが非常にわかりやすくまとめられていますので、引用させていただきます。
スウェーデンの衝撃
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12122670299.html
(引用開始)
安倍総理は昨日、国会で、
「いわゆる移民政策をとることは全く考えていない」
 と発言しました。これを受けて、
「ほら見ろ(笑) 安倍総理は外国移民の受け入れなんて考えていないってよ」
 などとやる人を「愚民」と呼ぶのです。何しろ、安倍総理は移民政策について「いわゆる移民政策」と、わざと定義を曖昧にしています。

「外国人労働者受け入れは、いわゆる移民政策には含まれません」
 と、説明することが可能なのです。

(中略)
まさに、安倍政権は外国人技能実習生制度の拡充、国家戦略特区(大阪)における外国人メイド受け入れ開始、外国人介護人材受入れ拡大と、「外国人労働者」という名目で外国移民を入れ始めています。ちなみに、何度も書いていますが、国連(人口部)定義によると、移民とは、
「出生あるいは市民権のある国の外に12カ月以上いる人」
 となります。技能実習生も、外国人メイドも、全て定義上は移民になるのです。

(中略)

 移民受け入れは、取り返しがつかないのです。
 だからこそ、今、日本国民は
「外国人労働者の短期の受け入れです」
 といった政権の詭弁を受け入れてはならず、
「外国人労働者も外国移民もいらない。我々は、生産性向上で人手不足を解消し、経済成長を遂げる」
 と、堂々と宣言する必要があるのだと確信します。
(引用終わり)
---

ということで、いつもの意見先に、
「移民政策はとるべきではない、私もそう思います。で、移民政策をとらないということなら、当然外国人労働者や、日本での就労を前提とした留学生も受け入れないということですよね、受け入れ推進であれば、それは移民政策ですので、発言と矛盾していますが?」
などと、しつこく意見しませんか?

いつもの意見先はこちらです!

そして、「外国人労働者受入れは実質的な移民政策」という、我々から見たら当たり前の論理を、引き続き自称・保守の集まる場にもノンポリの集まる場にも、どんどん広めていきましょう。昨年の日韓合意以降、安倍政権に対する印象が変わった層も一定の人数で存在しますので、働きかけるチャンスです。

ちなみに、上記の記事にもありますが、スウェーデンをはじめ、欧州各国が移民政策を転換しつつあります。実際、英語のニュースを見ていますと、日本では報道されていないたくさんの犯罪や暴力が難民危機以降の欧州では日常茶飯事になっています。(これについては、次回紹介させていただこうと思います)

---
次にこちらのニュース。

難民申請、最多7586人…大半「偽装申請」か
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160123-OYT1T50002.html

いわゆる偽装難民や難民申請後の就労許可問題についてはコメント欄でも意見をお寄せいただきましたが、昨年ネパール人の偽装難民問題が発覚して以降、政府は法整備を進めるといいながら一向に進んでいません。八重桜の会でも昨年、議員会館に数百件の陳情書を提出しましたが、ぜひ皆様の地元の議員事務所にも提出されてみたり、あるいは意見を送るのはいかがでしょうか?陳情書は改変自由です。甘利氏の辞任問題などで、参院選に不安を感じている議員もいるかもしれません。彼らはそういう時のほうが、政権が盤石な時よりも一般国民の声に耳を傾ける可能性があります。

政府の有言不実行について、いつもの抗議先に意見しましょう。
いつもの抗議先はこちらです!
難民申請に関する法の再改正・厳格化を求める陳情

---
最後に、難民と言えばこちら。
はすみとしこ氏の移民問題に関する傑作「そうだ難民しよう!」がまたベストセラーになっています!
サイン会中止の記事を朝日新聞が出したのが、かえって宣伝になったようですね(^^)

letsnanmin.jpg

サイン会中止になった書籍 アマゾンで順位急上昇
http://yukan-news.ameba.jp/20160128-123/

ブログ主は、サイン会中止を決めた書泉グランデへの抗議の電話と、青林堂に激励の電話を行い、「ノンポリ相手に日々移民問題の話をしているが、『差別だ!』と反論されたことは数えるほどしかない。むしろ、『実は私もそう思っていた』と言われたことのほうが余程多い。この話は広めれば広めるほど理解者は増えると思うので、ぜひこうした書籍をどんどん出してほしい」と伝えました。

移民反対という真っ当な政策議論をヘイトスピーチ扱いしたくて仕方ない人たちに対抗するには、声を出すことが最も有効です。移民推進派に抗議するのも有効ですが、一方で、「欧州の難民危機や日本の外国人犯罪などをきっかけに、移民や難民受け入れを否定することは差別ではないということをかなりの人が理解しつつある」という事実そのものを広めることも効果がありますので、ぜひこうした形で、移民反対派の「味方」側にも伝えてみるのはいかがでしょうか。

「移民・難民・外国人労働者お断りをさらに国民世論化しよう!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 22:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

【2月7日締切】地図記号に関するパブリックコメントを提出・抗議しましょう(国土交通省・警察庁) | 外国人犯罪情報

「たとえ観光目的でも、郷に入って郷に従わない外国人はお断り!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

Yahoo投票「日本の難民受け入れをどう考える?」- 投票し、「一人たりとも受入れるべきでない」という選択肢がないことについて抗議コメントをしましょう。

【ご協力お願い】Wikipediaを活用して、移民・多文化共生問題を幅広く周知しましょう。

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 実は私も内心そう思っていた、という反応が返ってくることが増えています。

本題の前に、1/27-28、「移民反対ツイッターデモ」開催します!
今回もぜひ多くの方のご参加、お待ちしております。
1/27-28、「移民反対ツイッターデモ」開催します。

さて、本題です。
また国土交通省が外国人観光客を名目にした売国政策を実施しようとしています。
国土地理院、外国人も分かる地図へ 寺院は三重の塔など
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H95_X00C16A1CR0000/

日本の地図記号が今のようになったのは、日本の文化的な背景があります。
社会科の授業でも習った記憶がある方も多いのではないでしょうか。
それを、単に「外国人観光客の目線で」安易に変えてしまおうとするなどまさに他文化強制。政府のサイトには一応「外国人向けの地図」と書いてありますが、日本人向けにもなし崩し的に変えられてしまうのではないでしょうか。それよりもまずは全国の四か国語表記を撤去するのが先ですね。

kusatsu.jpg

パブリックコメント募集中です。締め切りは2月7日。
【パブコメページ】測量法第34条で定める「作業規程の準則」の一部改正に関する意見募集について
(外国語版地図における地図記号案についてもこちらで意見募集しています)
http://www.gsi.go.jp/gijyutukanri/gijyutukanri40044.html


既に反対の意見も多く出ているようです。
日本政府、卍の地図記号の変更案が浮上するも反対論が殺到
http://www.businessnewsline.com/news/201601191251490000.html
ぜひ我々も意見を送りましょう。直球の意見だけではなく、「そもそも記号の違いを学ぶことも、本当に日本文化に興味があって訪れる観光客にとっては新鮮な旅の経験のはず。世界中どこも同じ記号では、観光客側にとっても面白みがなくなる」など、相手目線の意見も、話を聞いてもらうという観点からは有効かもしれません。

ちなみに四か国語表記問題は、移民・多文化共生問題についてノンポリ層の方に気付いていただく取っ掛かりとしては最適の話題です。ということで、日常会話でも積極的に看板表記の問題を口にしましょう。

さらにこちら。
「止まれ」の標識見直し検討 警察庁、五輪前に外国人対応
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H8Z_R20C16A1CR0000/

道路標識って・・・いくら国際免許証があっても、そもそも短期の訪日外国人客が車を運転するでしょうか?
観光客ではなく、定住外国人がひょっとして隠れたターゲットではないでしょうか?先日も痛ましいバス事故がありましたが、数年前の関越道のバス事故も、日本語が不自由な中国人帰化人運転手が日本語の看板を読めなかったことに原因があります。「止まれ」も読めないような外国人が日本で車を運転したら危険極まりありません。本来であれば、日本語が不自由な外国人は運転を禁じる方向に動くべきです。

いつもの抗議先はこちらです!

なお車の運転と言えば、スウェーデンではこのような事態になっています。
スウェーデン、移民に免許証なしに車を運転することが許可される
http://jp.sputniknews.com/europe/20160123/1476522.html

----
続いて、外国人犯罪情報です。
こちらのニュースをぜひ拡散しましょう。
欧州の婦女暴行事件、日本でも他人事ではありません!
コメント欄にて情報をお寄せいただきありがとうございました。

女子中学生を“幌トラック荷台に無理やり連れ込み”難民申請中のネパール人ラビ・タパ容疑者(29)逮捕
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000066748.html
東京・渋谷区で、難民申請中のネパール人の男が女子中学生にわいせつな行為をしてけがをさせたとして逮捕されました。

nepalrape.png

特定アジア以外でも、移民受け入れ、ダメ絶対!

「外国や外国人のための政策ばかりを推進する政府など要らない!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

ヘイトスピーチ条例関連-まずは地元の自治体にメールか電話・「橋下徹氏は売国。保守でもなんでもない」という当然の事実を拡散しましょう。

「ヘイトスピーチ規制、全国拡散阻止!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

1/27-28、「移民反対ツイッターデモ」開催します。

【ご協力お願い】Wikipediaを活用して、移民・多文化共生問題を幅広く周知しましょう。

本題の前に、いくつか連絡です。
1.厚生労働省モニター、明日締め入りです。まだ応募していない方はぜひいかがでしょうか。
厚生労働行政モニター、1月22日締め切りです。
2.Yahooで難民受け入れに関する投票が行われています。
日本の難民受け入れをどう考える?
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/21642/result

「一人たりとも受入れるべきでない」という選択肢がないこと自体おかしいですし、そこからリンクされている記事も、外国人いい人論を煽る偏向極まりないものです。「慎重になるべき」に投票の上、コメント欄に設問の不備を含め、意見を投稿されることをお勧めします。幸い、投票開始早々には「積極的に受け入れるべき」が25%近くあったのが、21日の時点で15%まで減りました。ノンポリ層も多く見るページですので、ぜひ拡散にご協力をお願いいたします。

さて、本題です。
先般成立した大阪市のヘイト条例について。
この条例の問題点については以前から申し上げてきたとおりですが、一番懸念されるのは、この動きが全国に広まることです。

hashishita.png

八重桜の会として現在、地方自治体や地方議員に宛てた陳情文を作成しているところです。昨年提出した、国会議員向けの陳情書をもとに、ヘイト条例がいかに憲法に違反し、それ自体が日本国民の人権侵害にあたるかを述べる予定です。
参考:「ヘイトスピーチ規制」に反対する陳情(国会議員向け)
八重桜の会は、「ヘイトスピーチ規制」に断固反対いたします。

そのうえで、現時点で2つの行動提案です。
1.議員宛の陳情とは別に、お住まいやお勤めの地方自治体に対してまずは「ヘイトスピーチ規制、ダメ絶対」のメール・電話を行いましょう。
論点は、上記の陳情書やリンクにある通りです。多文化共生・人権関連の部署につないでもらい、意見しましょう。

nohatespeechregulations.jpg

2.「橋下徹は保守でもなんでもない、民主党と同じレベルの移民・多文化推進派である」という厳然たる事実を、広くネット上で拡散しましょう。
どういうわけか、石破氏同様、国益派とは対極にあるのにいまだに保守だと騙されていて、国政進出、果ては首相になることすら期待するような人々がネット上で多く見受けられますが、はっきり言って彼らに「愛国・国益」を語っていただきたくはありませんね。
今回のヘイト条例成立に一番沸き立っているのは、いわゆる保守が一番嫌いなはずの朝日新聞や、在日朝鮮人団体です。その事実だけでも、彼がいかなる人物かは簡単にわかるはずなのですが。「決して国政に出してはいけない人物、まして首相候補など論外!」ということを広く拡散しましょう。

関連記事:橋下氏移民推進動画まとめ

なお、今回の大阪市ヘイト条例の件で一番不可解なのが、「インターネットなどで大阪市外からヘイトスピーチを行った者も氏名公開や訴訟の対象」という点です。「大阪市に選挙権を持つわけでもない人々が、大阪市外で大阪市の条例範囲になる」ということ自体、民主主義ルール違反ではないか?とFBで質問したところ、自治体に関する活動をされている八重桜の会メンバーから、こうした見解がありました。

「ヘイト条例1条
「(前略)ヘイトスピーチに対処するため”本市”がとる…」

仰るとおり、条例とは、それを定めた自治体にのみ適用されるものです。更に言うと、法令とは条約=憲法>法律>命令(政令、省令など)>条例というヒエラルキーを持っています。つまり憲法や法律を超える条例は有り得ないのです。このヒエラルキーは法を勉強した人間にとっては基礎中の基礎。野球におけるキャッチボール、サッカーでいうリフティング、人間関係でいう挨拶と同じレベルです。

つまりヘイト条例は違法条例とさえいえます。この条例が適用されれば、場合によっては違憲立法審査権が発動される可能性があります。ただ、提訴する根性を持った人がいるか否かは話が別ですし、何より卑怯極まりないのが6章1に「国民の自由と権利を不当に侵害しないよう留意しなければならない」と定めている事、そして罰則規定を設けていない事です。存在はしても使われる事がない、ザル条例です。そんなものに何の意味がある? 私が考えるに、特別永住者勢力へのエクスキューズだと思っています。これこそ「法の政治利用」というべき愚劣なものだと断じざるを得ませんね。」


また、コメント欄では以下のような捉え方もあるという声をいただきました。
「大阪市は残念な結果(ヘイトスピーチ規制条例成立)になりましたが、かくなる上は発想を変えて、私はこれは大阪市からの、次のようなメッセージだととらえています。
「全国のみなさん。ウチこそ朝鮮人で潰れましたが、移民はなにも韓国・朝鮮人に限りません。この狭い日本には現在、世界190か国からの200万人もの移民が住み着いてますよ。朝鮮人に限らず、もっと広く目を向け、油断なく移民・多文化共生問題を考えましょう。」」


もちろん、本当に在日外国人団体や自称・人権団体などが訴えを起こす可能性も否定できません。(おそらくその時、条例の違法性が問われることになるのでしょうが)八重桜の会ではそうした動きに対しては、移民反対はヘイトスピーチではなく論理的に正当な主張である、だから今後も声高に移民反対を主張しよう!ということを繰り返し、広くしつこく述べていきます。スウェーデンと同じ轍を踏まないためにも。

「日本のスウェーデン化、断固阻止!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 23:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする