にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年12月29日

いい加減、「安倍首相を信じるための支持」は今年で終わりにしませんか? | 年末年始お休みをいただきます。移民関連の事件がなければ次回更新は1月5日です

「誰が首相だろうがどの党が政権与党だろうが、だめなものはだめ。当然、移民ダメ絶対!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

お正月休み中こそ、「身内への口コミ」「観光地への意見」のチャンス! - 意外と効果的な「観光協会」への意見

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 実は私も内心そう思っていた、という反応が返ってくることが増えています。

Amazonランキング引き続き1位!推薦図書『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』

本日もツイッターデモ21時より開催です。
今年最後のイベントになりますので、よろしければぜひご参加お願いいたします!
年末移民反対ツイッターデモは27日から29日開催です!ぜひご参加いかがでしょうか。

年内のブログ更新は28日で終わりにしようとしていたのですが、これだけは書きたいと思い、追加更新します。次回は、移民関連の事件がなければ1月5日の更新になります。

このたびの慰安婦問題に関する日韓合意について、さすがに(数々の外国人労働者や反日国の観光客受け入れ政策にもかかわらず)ついこの前まで安倍首相を支持していた方々も、気付き始めているようです。
(日韓合意の論点については、こちら(正しい歴史認識ブログより)やこちら(三橋氏ブログより)にまとめられていますので、詳細な説明は省きます)

abe_kishida.jpg

あまりこういう機会を利用すると申し上げるのも何ですが、安倍政権の推進する移民政策についても、これまでは話を聞いてもらえなかったような「自称・保守層」もさすがに今回ばかりは耳を傾け始めるのではないでしょうか。我々は、移民・多文化共生反対の立場から、ぶれずにこれまで通り「だれが首相になろうが、どこが政権与党だろうが、悪いものは悪い」と言い続けていきます。

しかしこのような状況にもかかわらず、ネットで散見されるのが、いわゆる「安倍信者」(=単に政策を支持しているというのではなく、まずは支持ありきで、政策を全く批判しない層)の発言。彼らの発言は、主に以下の論点に集約されるのではないでしょうか。これらは、安倍首相が最初に外国人労働者受け入れのことを言い始めた時と同じ詭弁と思われます。

「悪いのは外務省や岸田外相、韓国や米国であり、安倍首相の本心ではない」
安倍首相の本心がどうであろうが、首相こそ現在の政府の責任者です。どのようなパワーバランスがあったにしても、結果に対して責任を持つのが首相の役割ですから、我々有権者が「心中を慮って我慢する」必要など全くないのです。もし例えば、お勤めの企業のトップが不祥事を起こし、大勢の従業員を解雇したり、不利な待遇を強いたとしましょう。その時、社長がどんなに良い人で有能とみられていたとしても、「悪いのは社長周辺の取り巻きや関連会社であり、社長の本心ではないから、心中を慮って受け入れよう」などと言いますか? 国政も同じことではないでしょうか。

今安倍首相を支持しなければ、民主党や共産党が政権を取るから大変だ!
移民政策についても共通なのですが、我々が取り組むべきは、「移民反対、正しい歴史認識などを含めたまともな国益派政党・政治家の出現を目指し、それに向けた取り組みを行う」ことではないでしょうか。あるいは、現在の政党体制が続いたとしても、その中から移民政策などの売国的政策にはっきりと異議を言える政治家を一人でも増やすことを目指すべきではないでしょうか。八重桜の会でも、そうした状況を視野に入れながら、陳情や世論形成活動にこれまで取り組んできたつもりです。

民主党については、ノンポリ層も愛想をつかしていますし、共産党も別に政権を取れるレベルの支持を得ているわけではありません。安倍首相の支持者が離れたところでいきなり彼らが政権を取れるレベルに支持が上がるのでしょうか? そうなる可能性について、説得力のあるシナリオを提示いただけますか? それよりも、「現在の政党の枠組み」に縛られて、「安倍首相かそれ以外か」、さらには「安倍首相の政策を信じて受け入れるか、受け入れないか」の二者択一に縛られていることこそ、国益にはマイナスではないでしょうか。

もちろん、安倍首相以上に総理になると危険な人物はたくさんいますし、彼らに政権の座を渡さないために具体的なシナリオや対策を考えるのは悪いことではありません。しかし、それがイコール「何があっても安倍首相絶対支持」というのは、論理的にも筋が通らないのではないでしょうか。

「きっとこの裏には安倍首相の秘策・深謀遠慮があるはずだ」
そういう方にお聞きしたいのですが、何の根拠があってそのようにお考えでしょうか? 今まで、外国人労働者受け入れにしてもTPPにしても、「秘策がある」「深謀遠慮があるだろうから仕方ない」等と「信者」の方々は仰っていましたが、その後、国益に通じるような裏の出来事はありましたか?今年の7月9日在日の話にしても、通名報道は7月9日以降減りましたか?日本から在日朝鮮人の数が減ったというデータはありますか?要は、論理的に説明してくださいませ、ということです。

確かに、日韓スワップ協定廃止や、今回の日韓合意よりも前の外交姿勢などについては、評価できる部分もあったかもしれません。しかしそれらは、国民、特に保守層の支持を犠牲にして深謀遠慮のもと得られたものではなく、報道だけではなく一次資料を見ても、白昼堂々国民に公開されてきたものです。

ちなみに今回の件の後、八重桜の会でこれまでに講演いただいた言論人や政治家で、慰安婦問題にも詳しい方や、どちらかというと政権支持寄りの方のFacebookやTwitterをブログ主も複数確認しました。「裏がある」「悔しいけど首相をこれからも応援して頑張ろう」という話は全くないどころか、やはり「失望した」「最悪の結果」「民間の努力を踏みにじった」といったコメントを出されている方が多数です。概して一般の有権者よりも様々な情報源を持つ彼らであっても、そのような発言一色なのです。根拠を持って述べられるのでしたらともかく、いい加減、「根拠はないけれども私は安倍首相が国のために何か考えていると思う」などという絵空事を吹聴するのはやめませんか? 何でも「秘策」「深謀遠慮」という言葉で自らの支持を正当化し、売国政策をも受け入れるという姿勢はお互い苦しくありませんか?

もし国益の観点から何らかの論理的な根拠があって、それでも安倍首相を支持するということでしたら、それはそれで一つの考えでしょう。
しかし、「日本を守りたい」と表向きは言っていながら、実際には国益よりも「どうやったら安倍首相を支持し続けられるか」という方向に考えている方は、もう一度諸々の問題の全体像を俯瞰して、来年こそは「安倍首相を信じる」のではなく、政策を見たうえで支持するか支持しないか、判断したほうが良いのではないでしょうか。

abevshatoyama.png

関連記事:
政策は相対評価ではなく絶対評価で! (安倍信者と民主党批判)

改めて、今後も八重桜の会の活動を支持してくださる方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 15:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 保守活動のあり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

「外国人によるテロや犯罪は局所的・ミクロの事象である」という主張に対する反論

「個々の外国人がどうであれ、移民・難民受け入れという仕組みそのものが、犯罪率の増加につながる!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

お正月休み中こそ、「身内への口コミ」「観光地への意見」のチャンス! - 意外と効果的な「観光協会」への意見

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 実は私も内心そう思っていた、という反応が返ってくることが増えています。

Amazonランキング引き続き1位!推薦図書『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』

おかげさまで、本日・昨日のツイッターデモは、これまで以上の人数の方にご参加いただいています!
確認できる限りでも、合計で百人以上の方にツイート・リツイート・いいねいただいています。明日29日も21時から22時開催ですので、ぜひご参加大歓迎です!
年末移民反対ツイッターデモは27日から29日開催です!

慰安婦問題に関して、保守層にとって非常に衝撃的なニュースが流れておりますが、当会では移民・多文化共生問題に特化してまいりますとともに、保守活動の在り方に関連して、今回の件含めて今後きちんとまとめていきたいと思います。

さて、今日の本題です。
今年、八重桜の会の記事についていただいた意見の中で、以下のような内容が複数ありました。
「テロや犯罪はミクロであり、局所的である」
「治安の悪化を理由に移民や難民、外国人労働者受け入れに反対するのは、『生活保護はやめるべきだ、何故なら不正受給者がいるからだ』『副作用が怖いから薬は飲むべきでない』という主張と同じである」

kumagaya_peru.jpg

犯罪と移民の関連について、当会のとしての反論は、こちらにもある通りです。
(前編) なぜ移民や外国人労働者の増加が犯罪に繋がるのか?
http://www.sakuranokai.org/article/407873534.html
(後編) なぜ移民や外国人労働者の増加が犯罪に繋がるのか?
http://www.sakuranokai.org/article/407873836.html

さらに付け加えますと、移民や外国人労働者という制度そのものの問題として、
移住先の言語が話せない、文化になじめないなどの理由で、職に就けなかったり、日本の社会に溶け込めない外国人は、移民や外国人労働者が増えれば増えるほど、また単純労働者や移民の家族や使用人など、人材のレベルが下がれば下がるほど絶対数として増えていきます。イスラム国がまさにそうであるように、テロ組織が組織構成員として勧誘のターゲットにするのは、こうした社会に不満を持つ層であることが多いのです。イギリスのような英語圏や、スウェーデンやドイツのように移民や外国人労働者の言語教育や社会への融合に(国民の税金を使って、ですが)多大な労力と出資を国として行っている国ですら、こうした「疎外された外国人」の問題は起こるものであり、「社会が寛大になればいい」などという絵空事が現実に犯罪やテロ防止に役立った事例など一つもありません。

「副作用が怖いから薬は飲むべきでない」→もし、「この薬を飲めば症状が一時的によくなるかもしれません。但し、副作用として、身体はもちろん、脳・精神にも重大な障害が残り、時間がたてばたつほど悪化する可能性がかなりの確率であり、実際に多くの事例が報告されています。」と言われたら、その薬を飲みますか?移民政策とは、そのレベルの劇薬なのです。

-----
そのほか、この件についてFacebookグループでメンバーに意見を募ったところ以下のようなコメントがありました。
「移民は彼ら独自の風習とルールを持ち込んではコミュニティーを作り殻に閉じこもる。受け入れ側の風習とルールは完全に無視。法律が合わないと人種差別だという論法になり、やがては完全孤立する。その鬱憤の鉾先は常に弱者であり女性であるのは、移民政策に失敗した欧州の国々で立証されているのでは…。」

「まず、移民の問題は、テロだけでありません。
そして、多民族文化否定云々は、おかしい。
否定でなく、共生が無理と言う話。
他民族には他民族の文化がある。しかし、一緒には暮らせません
>「生活保護はやめるべきだ、何故なら不正受給者がいるからだ」
そういう話ではありません。
但し、生活保護の審査をもっと厳格に、は正論。
セーフティネットと、文化や習慣の違う人と一緒に暮らせるかは、別の話です。」

「簡単です。1)【文化が違う】彼らの中では犯罪ではないと思っていることや、日本では当たり前ではないことを行う。また人数が増えれば徒党を組んで自分たちの文化を押し付けようとする。ヨーロッパを見れば一目瞭然。2)【現在のテロは派遣型】そもそもテロは金持ちが一定の人たちの不満を焚き付けてやらせているものであって格差で起きるものではない。そうでなければあれほどの資金源は確保できない。安定している中に新しいものを入れると不確定要素が増えるように、不特定多数の外国籍の人間を入れるだけでリスクが上がる。外国籍の人は全くノーリスクで日本国国民だけにリスクを押し付けるのはナンセンス。」

「 日本の憲法を改正しないと。日本の福祉制度を悪用、使わな損!やはり、この便利さや甘さを広める外国人がいるから移民が増える。ローラのパパも、、自分の不正が通るから、友人にも親切心から手引きしてしまう。自分の国じゃないからできる行為。快適な福祉制度、日本の弱者にも手を差し伸べる素晴らしい制度は、そんな制度がない国の人にとって夢のような話。日本人より利用できる制度について詳しいはず。当の日本人が権利を利用せず、外国人は当然の権利として主張する。自分の家の湯水は気を使うが、他人の家の湯水は沢山使う。外国人にとって快適な住み心地であることは、良くないことかもしれない。結局たかり根性で得をするために日本に来ているから、不平不満が溜まると すぐに日本女性を騙し金を盗る詐欺が多い。どれだけ泣き寝入りの犯罪があるか計り知れない。
犯罪を犯す外国人同士が、電話などで 話すことは、日本人女性のどんな女性が金持ちかを聞き出して、早くお金を盗ろうと話していると外国人から聞きました。服装などです。
日本で労働し本国に送金していて、更にお金とガールフレンドも欲しい。割と強引に主張されると日本人は、親切な対応をすることを心得ていますから、毅然と断り逃げる無視などは必要です。犯罪をすることを彼らはなんとも思いません。利己主義人間が沢山入りこんでいます。日本には人種差別が殆ど無いと言えるから、むしろ無いことの感謝は後回しになる。」

3920d_226_2ca54ab65a4fdea5aab38d83c74188b1.jpg

「多文化共生は、外国人受け入れで、
@安い労働力の確保→人件費削減
A外国人の社会保障のための増税→輸入戻し税で利益を得る 日本国民に増税を課し、外国人を日本国民に養わせて、自分たちだけ儲けるためのすり替えにしかすぎないとおもってます
誰が儲けて、誰が損をするかを考えれば、自ずと構図は見えてくるはず

所得水準が低ければ低い民族ほど、犯罪を犯す確率が高くなります。
日本に住んだ外国人達の犯罪実績を見れば、日本から出て行け、来るなと言われるのは当たり前の話。
恨むんなら自分達の先人を恨んで欲しい。
彼らを迫害した訳でもない、罪もない日本人が何十人何百人と殺される危険を防ぐ事と、外国人を親切に受け入れ住まわせる事のどちらが大事なのか、受け入れ賛成派に問い質してみたいものです。

"テロなんて局所的なものだ"って言うけれど、その犠牲者達の命は、仕方がないと、犠牲者達は、殺された運命を受け入れよ とでも言うわけ?
テロリストなんて、一握りというけれど、その一握りのテロリストのために、何十人何百人という犠牲者の命は、地球市民達成のために仕方がないと、犠牲者の遺族に面と向かって言えるの?
外国人は、"日本を愛してます"というけれど"、そりゃ、"あんたらの税金にたかりにきました"なんて言えるわけないよね?」

「そもそもなんで他民族文化がそんなに必要なの?」

「「多様な社会」といえば聞こえが良いが、そういってる人物の多くが財界や経団連の大物です。多様な途上国から労働者が入ってきて得するのは誰か?を突き詰めれれば、この移民受け入れに反対することは多国籍企業による労働者の不当搾取に反対することです。また、途上国からの若年労働者流出による、空洞化の阻止にもなります。よって「企業による労働力の不当搾取」「途上国の人材空洞化」阻止のために国籍問わず移民受け入れ反対です。」

いかがでしょうか。
最近の国内外のテロや外国人犯罪増加に伴い、年後半は外国人犯罪について取り上げることが増えましたが、当然ながら、移民問題は政治、経済、労働、文化、教育、外交、防衛、社会保障、地域社会の在り方といった、ありとあらゆる面に負の影響をもたらすのは、これまでにも主張し続けてきたとおりです。
八重桜の会では、来年も引き続き、移民・難民・外国人労働者受け入れ及び多文化共生に対して、ぶれずに断固反対の声を上げ続けるとともに、代替案を提案する活動を続けていきます。

今後も八重桜の会の活動を支持してくださる方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 23:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

お正月休み中こそ、「身内への口コミ」「観光地への意見」のチャンス! - 意外と効果的な「観光協会」への意見

「ほんの少しの勇気と手間が、移民反対への賛同者を増やし、日本人が住みやすい日本へとつながる!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 実は私も内心そう思っていた、という反応が返ってくることが増えています。

Amazonランキング引き続き1位!推薦図書『そうだ難民しよう! はすみとしこの世界』

まずは、ツイッターデモ、いよいよ明後日から3日間開催です!
ぜひご参加いかがでしょうか。
年末移民反対ツイッターデモは27日から29日開催です!

さて、年末年始くらい、移民などの暗いニュースからは目をそむけたくなる、という方も多いと思います。そういう方は無理する必要はありませんが、実は年末年始の帰省・旅行は、移民問題について拡散するにはとてもよいタイミングだと思います。

1. 身内に対して、移民・外国人労働者・難民・多文化共生などの問題について口コミしましょう。
年末年始、家族の集まる場は、
- テレビがついていることが多く、特番などでも、今年一年のニュースを報道しているところが多い。
- 普段の仕事や学校の話題から離れ、「新年はどんな年になるだろう」というような、マクロ・中長期的な話がしやすい。
- 時間があるため、ネットにアクセスする時間も増える可能性が高い。
- お酒が入りやすい。
といった特徴がありますので、ある意味口コミをするにはとても好都合な環境です。
特に今年は、(皮肉ではありますが)国内における外国人犯罪の多発、欧州はじめ世界各国でのテロや紛争など、ノンポリの方でもニュースのことを否応なく話題にすることが多くなっている環境ですので、ぜひ一歩踏み込んで、一人でも多くの方に移民と多文化共生問題について考えていただきましょう。

top.jpg

例えば、年末の特番番組、テレビでシリア難民に関する偏向報道が流れていたら、黙っていないで、皆さんが知っている欧州の現実を挙げて、日本は決して受け入れてはいけないと述べてみませんか。
あるいは、「世界で最近色々なテロや紛争が起きているよね。日本も大丈夫かな」というような話が、お茶の間の会話に出てきてもおかしくないような状況ですが、その時にすかさず、今年日本で起きた外国人犯罪を挙げ、危険性について話をすることで、ご家族にも外国人に対する警戒感を高めていただくことに繋がります。

要は、年末年始以外の平日であれば、家族の間でもいきなり政治や経済の話をするきっかけがないことも多いのに対して、年末年始は今年の出来事や来年の話などに絡めて、移民・多文化共生の話がそれとなくしやすい、ということです。このような機会を利用しないのはもったいない、年末年始休みの期間中ほんの1回でも、移民・多文化共生問題について考えてもらうきっかけになるような会話をしてみてはいかがでしょうか?

2.旅行などで遠出される方は、ぜひ旅先で意見しましょう。
以下、以前に紹介した効果的な意見表明方法を再掲します。

------
ホテル・旅館にて:
- 予約時、チェックイン前「隣に外国人観光客はいますか?どこの国ですか?(マナーの悪い国、反日国からであったら)部屋を変えていただけますか?」と尋ねる。
- 不幸にもマナーの悪い外国人観光客と鉢合わせてしまったら(温泉や食堂など含め)その場で従業員にマナーを注意してほしいと苦情を言う。もしタイミングを逃してしまったり、従業員がきちんと対応しない場合は、「全くくつろげなかった」「大声で騒ぐ団体客に対して何も注意しない従業員にも失望した」などと、帰りがけやネットの予約サイトなどで苦情を言う。

観光スポットや駅などの交通機関にて:
- 待ち時間があれば、4か国語表記について、この機会にぜひ観光スポットや駅の職員に直接意見を言ってしまいましょう。
- 「お客様の声」を受け付ける箱があれば、4か国語表記や外国人観光客優遇についての苦情を投函。関連チラシやカードも効果的です。

ショッピングにて:
- クレジットカード支払いやポイントカードの作成など、個人情報が関係する場面では、「ここで働いている方は全員日本人ですか?最近、中国人のクレジットカードや預金引き出しの犯罪とかありますよね。そういう国の人がここで働いていて、住所とかクレジット番号とか見られたらすごく心配なんですけど・・・」と質問する。
- 4か国語表記の大きな看板などを見かけたら、「ここはどこの国のお店ですか?大半のお客さんは日本人ですよね? 中国語や韓国語の表記を見ると、領土問題とか慰安婦問題とか思い出して、すごく不快な気持ちになってしまうんですよね。これでは、日本人は何回も買いに行きたいと思えなくなってしまいますよ」などと、会計の際にさらっと言う。

そして新たに、効果的であることがわかった意見先は、「観光協会」です。 ブログ主も去年から今年にかけて訪れた観光地に対して意見を言ってみましたが、観光客からの意見はきちんと聞いてくれますし、上層部や加盟旅館にも意見として伝わる仕組みのところが多いようです。

SLAigRH4.jpg

効果的に意見を言うポイントとして、
「私は外国人が嫌いだ」などと言っても、あまり効果がないどころか、ただの排外主義者だとしか受け取られない可能性があります。また、不法滞在、国防動員法、外国人参政権云々といった、政治的な話を窓口の人にしても「自分には関係ない」と取られてしまう可能性があります。「せっかくの美しい景色や上質の温泉が台無し」「楽しめなかった」「家族や友達にお勧めできない」「爆買い目当てに中国人を優遇して、日本人をないがしろにするような観光地からはどんどん日本人観光客が離れ、同時に観光地としての魅力もなくなっていく」など、あくまでも、観光産業をしている人の利害に直結するような言葉を使いましょう。

特に、主語を「旅館やホテル」「観光事業者」にすると効果的です。「毅然とした対応をしていただけないのでしたら、もう来たくないですし、ネットでも今回の体験を広く伝えようと思います」「もちろん日本人でもマナーの悪い人はいますよ。しかし、外国人観光客については、外国人だから仕方ないなどと言って、甘い対応をしているのではないですか?だから日本人がますます来なくなるんですよ。」「こんな、町を挙げて外国人だけを歓迎するような姿勢を続けていたら、日本人からの評判がますます悪くなり、観光収入も長い目で見たら落ちていくと思います。手遅れになる前に、早く気づいていただけるといいのですが。」というように、彼らに具体的な対応を求める言い方のほうが、ただ外国人観光客の文句を言うだけよりも響きます。

特に中韓からの団体旅行客が多いような地域であれば、実際に接客をしているスタッフなど、こちらの味方になってくれるかもしれません。なぜなら、彼らこそマナーの悪い観光客の対応に辟易している可能性があり、苦情は内心、渡りに船とさえとらえられる可能性もあります。彼らは、自分たちの意見として「マナーの悪い外国人観光客は」と、上に言いづらくても、お客さんからそのような意見があった、ということであれば伝えやすいからです。もし相手が共感の態度を示して来たら、「どう思いますか?」などと、こちらから質問をしてみるのも効果的です。「実は私も内心・・・」「他にも何人かそういう意見をいただきまして・・・」という話になったらしめたものです。

そして、ただ怒って苦情を言うだけではなく、論理的に、落ちついて話をしましょう。「私も接客の仕事をしたことがありますが、苦情って、1つ言ってくる人がいると、同じことを考えている人が10人くらいいるといわれているんですよね。友達からも別の観光地で似たような話を聞いたことがありますし、おそらく、同じようなことを考えたのは、私一人ではないと思いますよ。」「私は子供の頃にもここに来たことがあって、すごく素敵だと思ったので、また訪問したいと思ったんです。本来ならまた来たい場所なのに、こんなことになっていてすごく残念です」というように、あくまでもその観光地やお店のことを思って苦情を言わざるを得ないんだ、ということを伝えましょう。

「年末年始の非日常な状況こそ、話を聞いてもらいやすい可能性がある!面倒がらずに意見しよう!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 23:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする