にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2015年11月29日

愛知県外国人雇用特区提案:抗議しましょう!

「国家戦略特区に名を借りた移民政策、断固反対!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

石破氏移民推進発言: 抗議し、決して首相にしてはいけない人物であることを拡散しましょう。

お住まいの地域で、「クリーン作戦」を実践! - 日本人が住みやすく、外国人が住みにくい街を目指しましょう。

観光地にて、多言語表記をはじめとする多文化共生や外国人観光客への過剰な優遇策に意見しましょう。

「一億総活躍」についての資料を読んで意見しましょう。

本日、「行動する保守運動」様による移民受け入れ反対デモが全国で開催されます!
たくさんの反響を得ているようです。ぜひご参加いかがでしょうか。
【おすすめイベント紹介】11/29 移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進

こちらも、本日締め切りです。
朝日の調査らしく、「縮小・受入れ自体なくすべき」という選択肢がないので、コメント欄にその旨を書き込んだうえで、「拡大する」を10%以下に追い込みましょう。

意識調査:日本のシリア難民の受け入れ、どうするべき?
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/20382/vote 

さて、本日も前回に引き続いて、抗議しましょう!コーナー。
今回は愛知県と地方創生・国家戦略特区推進室に重点的に抗議しましょう。

県、外国人雇用特区を提案へ 技能実習制と矛盾も
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20151125/CK2015112502000053.html
 大村秀章知事は二十四日の定例会見で、人口減少による労働力不足解消の一手として、高い技術力と日本語能力を持つ外国人労働者を受け入れる新たな在留資格制度を設ける「外国人雇用特区」を国の国家戦略特区に提案すると発表した。企業の外国人技能実習制度との矛盾を指摘する声もあり、受け入れ条件や規模など課題は多い。
 新制度は「永住への道を開くもの」(大村知事)との位置付けで、移民制度につながりかねない大胆な内容。在留期間は最長五年で、更新も認める。配偶者など家族の在留も可能という。大村知事は「愛知の産業の国際競争力の維持、強化を図るため」として、新しい在留資格「産業人材」を創設したいと述べた。
 対象となるのは、日本企業での技能実習制度の修了者や労働力不足が予想される分野に関する資格や能力を有する人、高い日本語能力を持つ人など。実習制度の修了者は母国に帰国後一年以上を経過した人に限られる。
 受け入れ分野や人数などを決めるため関係自治体や内閣府、地方の入国管理局などによる第三者監理協議会を新しく設置するとしている。外国人労働者やその家族の生活支援やトラブル相談、日本語教育、生活マナー研修などを実施する専門組織「外国人労働者生活支援機構(仮称)」も県独自で立ち上げるという。
 大村知事は「海外の優秀な産業人材の受け入れのあり方に一石を投じたい。本来は国がやることだが、先行して県がやるので国には足を引っ張るな、と申し上げたい」と述べ、早期に実現したい意向を示した。ただ、受け入れ規模や費用などについては「これから議論していく」と述べるにとどめた。
 外国人雇用特区の提案は、二十六日に内閣府で開かれる国家戦略特区合同会議で審議される。県内の在留外国人数は約二十万人で、都道府県別で三位。そのうち技能実習生は約一万八千人と同一位を占めている。

大村秀章はこんな人!
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/659.html
(「国民が知らない反日の実態」ページより)
http://senkyomae.com/p/195.htm
(選挙前.comより)
移民1000万受入推進
人権擁護法案推進
パチンコチェーンストア政治アドバイザー

徹底した親中親韓!
愛知県、京畿道と提携 11月に知事訪韓
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015103102000117.html

bkdomura.jpg

抗議先はこちらです。
愛知県 (愛知県民の方もそうでない方も、ぜひ明日以降知事室に連絡しましょう!電話: 052-954-6000)

追記: メールでの意見はこちら(情報ご提供ありがとうございます! )
https://www.shinsei.e-aichi.jp/pref-aichi-u/offer/userLoginDispNon.action?tempSeq=1292
または、直接下へメールを送信でもいいようです。 teigen@pref.aichi.lg.jp (愛知県 政策企画局 広報広聴課。県政一般についての提言を受け付けるアドレスです。)

国家戦略特区、地方創生に関する意見:
TEL 03-5510-2472

その他、いつもの抗議先


ブログ主も抗議しましたが、特に
- シンガポールやドバイの厳しい外国人労働者受け入れ要件(メイドに妊娠検査を義務づける等)
- アメリカの国籍取得要件の厳しさ
などを挙げ、スパイ防止法も制定されていない、人権屋が跋扈している日本との違い(しかもこうした移民国家ですら移民問題は生じている)について述べたのはかなり効果的だったように思います。ぜひ、感情ではなく理論的に抗議・意見しましょう。数が増えることは大切です。

他のことについても色々書きたかったのですが、再び売国ニュースがいくつも続いていますので、次回も抗議案件です。

「地方から始まる日本の移民国家化、断じて許すまじ!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 08:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

石破氏移民推進発言: 抗議し、決して首相にしてはいけない人物であることを拡散しましょう。

「外国人労働者含む移民受け入れ政策は、政府による日本解体だ!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

【パリ同時多発テロ】多文化共生は完全な机上の空論! 日本も危ない! 改めてしつこく意見しましょう!

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 日本人が住みやすく、外国人が住みにくい街を目指しましょう。

観光地にて、多言語表記をはじめとする多文化共生や外国人観光客への過剰な優遇策に意見しましょう。

「一億総活躍」についての資料を読んで意見しましょう。

まずはこちらのイベント、29日開催です。
おかげさまで、大変多くの「いいね!」およびアクセスをいただいています。他団体のイベントではありますが、外国人労働者含む移民反対の志を共有する立場から、拡散くださった皆様に御礼申し上げます。移民反対の意思表示をすべく、ぜひ参加できる方はご参加、そうでない方も当日まで拡散にご協力いかがでしょうか?
大反響を得ているようです!ぜひ引き続き参加検討・拡散しましょう!【おすすめイベント紹介】11/29 移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進

また、「民泊」についての情報をお寄せくださった皆様、ありがとうございます。こちらにつきましては、今後調査の上、当会の対応としても、アンケートの実施などを含め、一つのテーマとして検討していきたいと思っております。

さて、本日の本題です。
河野氏に続き、本性を現したのはこの人。

石破氏「移民政策、進めるべきだ」と明言 「日本人と同一労働同一賃金」も求める
http://www.sankei.com/politics/news/151124/plt1511240035-n1.html
 石破茂地方創生担当相は24日、東京都内で講演し、人口減少に伴う労働力不足に対応するため、
移民の受け入れに前向きな考えを示した。「人口が減る中、移民を受け入れる政策は進めていくべきだ」と述べた。
 日本から多くの移民が南米などに入植した過去に触れ「日本人がやってきたのに、外国人が日本に来るのは駄目だというのはおかしい」と指摘した。
 同時に「外国人だから安い賃金で働くということは、あってはならない。(日本人と)同一労働同一賃金でなければならない」と語った。

自民党国際人材交流連盟」の要職であり、もともと売国系であることは十分承知してはいたのですが、改めて決して首相にしてはいけない人物であるということが分かりましたね。

石破茂はこんな人!
売国奴の石破茂が石破派を結成「首相目指す」・北朝鮮で女をねだって、制裁に反対!外国人から献金
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5971.html
(「正しい歴史認識」ブログより)

閣内不一致、「地方創生とは外国人の移住のことだったのですか!?」等々、突っ込みどころはどこからでもあります。そもそも南米のブラジルなどは原住民を征服したうえで成り立った移民国家であり、自然国家である日本との相互主義を持ち出す時点であまりにも議論が稚拙、一から社会科をお勉強してくださいね、というほかありません。

ということで、抗議・意見しましょう!
いつもの連絡先はこちらです。

上記の「いつもの連絡先」に、地方創生推進室も追加しました。
国家戦略特区関連の意見も、こちらで受け付けているとのことですので、同時にぜひいかがでしょうか。
国家戦略特区、地方創生に関する意見:
TEL 03-5510-2472


問題なのは、先般の河野氏については、あの河野洋平の息子ということもあり、誰も国益派であると思っていないのに対して、石破氏については、未だに保守だと思っている層が一定の割合でいることです。
今回の発言については、いわゆる保守層に対してもぜひ大々的に拡散されることをお勧めします。

繰り返しになりますが、何回も意見しているという方も、しつこく意見することが大事です。移民受け入れと一言でも言おうものなら、これだけの数の国民が監視していますよ!!ということを、知らせること自体に意味があります。一気にたくさんの意見が行くのもいいですが、毎日のようにしつこくしつこく届くのも意味があると考えますので、来週以降でも出遅れたと思わず、遠慮せずぜひ意見しましょう。

引き続き、署名もご協力お願いします!
拡散大歓迎!オンライン署名「移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!」

YgyrflcLMJRCZkm-556x313-noPad.jpg

「移民推進の売国奴は、政界を、日本を出ていけ!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 22:10| Comment(3) | TrackBack(0) | 行動しよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

移民反対はマクロの観点からの政策主張であり、ミクロ・感情論にすり替えられるべきではありません。(移民反対は差別だ!論への反論)

「移民反対はヘイトでも差別でもなく、正当な政策主張だ!」と思っていただける方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ

大反響を得ているようです!ぜひ引き続き参加検討・拡散しましょう!【おすすめイベント紹介】11/29 移民(難民)受け入れ絶対反対 国民大行進

引き続き拡散大歓迎!オンライン署名「移民・難民・外国人労働者受け入れに反対します!」

【パリ同時多発テロ】多文化共生は完全な机上の空論! 日本も危ない! 改めてしつこく意見しましょう!

お住まいの地域で、まずは「クリーン作戦」を実践! - 日本人が住みやすく、外国人が住みにくい街を目指しましょう。

観光地にて、多言語表記をはじめとする多文化共生や外国人観光客への過剰な優遇策に意見しましょう。

「一億総活躍」についての資料を読んで意見しましょう。

本題の前に、まずは民泊について、いつもの抗議先にしつこく意見を送りましょう!
情報提供ありがとうございます。
民泊、許可制で全国解禁 来春にもルール 訪日客急増に対応
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H2V_R21C15A1MM8000/

いつもの抗議先はこちらです!

---------------------------
さて、パリのテロをきっかけに、一般のマスコミでもようやく移民問題がクローズアップされる傾向にありますが、やはりおかしなことに、「移民や難民を受け入れない」ということが、「差別・ヘイト」あるいは「極端な主張」にあたるという捻じ曲がった主張・レッテル張りが多々見られます。この時期に慌てたのでしょうか、当会をそのようにレッテル張りしようとする人々も存在するようです。しかしよく考えれば、移民受け入れ反対の主張を差別やヘイトと結びつけること自体が、そもそも非論理的なのです。

移民受け入れ却下.jpg

今日のテーマは、
「移民や難民、外国人労働者を受け入れるかどうか」という議論自体、あくまでも政策の議論である。
どういうことかと申しますと、「消費税を引き上げるべきかどうか」「年金受給開始年齢を遅らせるべきかどうか」といった、他の政策の議論と移民の是非に関する議論は同列であるということです。

例えば、消費税を引き上げることに反対の方は、「需要が減り、デフレが深刻化し、経済に打撃を及ぼすから反対だ」といった意見を述べられると思いますが、「低所得者への差別だ!」とは、多くの方は言わないと思います。逆に、賛成派の方も、「消費税率の据え置きは高所得者へのヘイトだ」などとは言わないでしょう。

同様に、年金受給開始年齢についても、「社会保障費を子育てにシフトすべき」「引き上げにより高齢者の就労率が上がり、人手不足対策にもなる」、あるいは「現時点でも貧困に苦しむ高齢者が増えているのに、それを助長するのでは」というような議論になるかと思いますが、「高齢者への差別だ!ヘイトだ!」「子育て世代は差別されている。なぜなら、子育てよりもはるかに年金に社会保障費が充てられているからだ」とはあまり言わないのではないでしょうか。

移民問題も本質的には、こうした政策の問題です。政策を変更、あるいは現状維持することで、国全体にどのような影響を与えるのか。どの層が利益を受け、どの層の負担が増すのか。政策の効果・影響はどれくらい続くのか。公平な情報提供のもと、国益にベストなあり方をマクロ・中長期的な視点から探るというのが本来の政策議論の在り方ではないでしょうか。

その中で、我々反対派は、「移民受け入れは日本の国益を著しく損ねる。なぜなら、(これだけではありませんが)日本国民と移民との間で仕事の取り合いになり、実質賃金を低下させ、経済を停滞させる。移民も高齢化し、社会保障を必要とするようになるので、人口減対策や社会保障費用対策にはなりえない。統計上、あるいは他国や歴史上の事例を調べたところ、移民を受け入れた国では、現地社会になじめない外国人による犯罪や民族紛争、文化や習慣の違いによる摩擦などが多発しており、スパイ防止法も存在せず犯罪人引き渡し条約もほとんどの国と結んでいない日本が受け入れたら、治安・安全保障上の脅威になる。優秀な人材だけ、日本の文化に適合する人物だけ期限を区切って受け入れる仕組みはどうシミュレーションしても機能しない。そのうえ、受け入れた結果失敗しても元に戻すことはできず、その影響は世代が後になればなるほど大きくなる。その時には誰も責任を取ろうとしない。」といった理由で受け入れに全面反対しています。別に、「外国人が嫌いだから」「日本人は外国人よりも遺伝子上優秀だから」といった感情的・ミクロな主張をしているわけではありません。

ところが、なぜかこうした「移民・難民・外国人労働者受け入れというシステム・政策」であるはずの問題が、「移民・難民・外国人労働者個々人」に主語が置き換えられ、問題がミクロ・感情論に矮小化され、「移民を受け入れないとは外国人に対する差別だ!」という話になってしまうわけです。

実のところ、移民や外国人労働者を政策・システム・社会の仕組みとして捉えれば、「日本人がやりたがらない重労働・低賃金の仕事を外国人にやらせる」という発想のほうがよほど外国人への差別であり、人権侵害ではないかと考えられますし、高度人材にしても、本当に優秀な人材を先進国がもろ手を挙げて受け入れたら発展途上国は深刻な頭脳流出に陥り、医療・インフラ不足などの「非人道的な」問題が発生します。しかし「移民受け入れ=人道・進歩、受け入れない=差別・ヘイト・古い」というレッテル張りが、新自由主義者、自称・人権派、マスコミなどあらゆる方向からなされ、それを疑いもなく受け止めてしまっている人が多い、という考察です。

繰り返しますが、移民・難民・外国人労働者受け入れは、あくまでも政策的な問題であり、個々の外国人がどうこうという感情的な話で語るべきではないはずです。ところが、なぜか外国人への差別・ヘイトという話に主語がすり替わり、論理が飛躍している。それがこれまで、日本だけでなく世界中の一般国民に対して向けられてきた印象操作であり、洗脳であるということではないでしょうか。

ということで、不法滞在や資格外活動を助長し、感染症対策などにおいて国民の安全を脅かす「仕組み」である民泊解禁についても、堂々と反対意見を送りましょう。反対することは訪日客への差別でもヘイトでも何でもありませんので。

「移民問題は政策の問題であり、感情的なミクロの問題ではなく論理的なマクロの問題として議論すべき!」と思っていただけた方はこちらをクリック! お手数ですが、ご訪問のたびにクリックいただけるとありがたいです。↓

政治 ブログランキングへ
posted by AOI at 22:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする