にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ      
政治 ブログランキングへ

2019年05月19日

パソナと淡路島

地方創生(淡路)
2008年に農業の活性化を目指して、独立就農を支援する
「パソナチャレンジファーム」を皮切りに、
兵庫県淡路島での“人材誘致"による地方創生事業がスタート。
カフェやレストランの運営を通して新たな食文化の提案や、
遊休資産を活用した観光施設の運営、
さらに世界各国から様々な人材が集まる
仕組みづくり等
にも挑戦しています。

淡路島が人材派遣パソナに乗っ取られた?
パソナ島となった哀れな淡路島

人材派遣会社のパソナグループが
淡路島の土地や建物の買取りをすすめているそうです。
県や市がパソナに土地の一部を無償譲渡したり、
巨額の補助金をつけたりして、
島中、パソナの関連施設だらけなのである。
淡路市の門康彦市長は西麻布の迎賓館「仁風林」で
〈淡路市の未来について語った〉と2010年11月8日の
ブログに書いていた。井戸敏三県知事は
「仁風林」でおもてなしを受けている。

竹中平蔵氏が会長を務めるパソナの「植民地」と化した
淡路島をIWJが訪問! 広大な農地に、
廃校した小学校を改装した複合施設、
謎の迎賓館「春風林」!?
ラベル:淡路島 パソナ
【関連する記事】
posted by yaezakura at 19:41| Comment(0) | 竹中平蔵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外堀が埋まっていく

4月に施行された改正出入国管理法を受け
企業や、地方行政の動きが活発化している。
気がついた時には身動きが取れなくなっているだろう。
山本太郎を絶賛している場合ではないのだ。


韓国の若者、日本で就職目指す「夢かなえたい」
総合人材サービス「パソナグループ」(東京)が、
淡路島で韓国の若年層を対象にした就労支援事業をスタート。
「特定技能1号」取得を目指す

「TRN外食業トレーニングセンター」ベトナム校 
開設のお知らせ

店舗流通ネットの外国人材採用支援事業で、
外食産業の人手不足解消に大きく前進
店舗流通ネットは、新在留資格である特定技能1号の
取得を目指す「TRN外食業トレーニングセンター」を
ベトナム国内に開校し、
日本への就職希望者を即戦力に育成する
現地教育を開始
しました。

外国籍の子に豊かな学びを 岡崎でプレスクール始動
日本語教育が必要な外国籍の中学生を支援する
初期指導教室(プレスクール)が岡崎市南中学校に開校した。

ワタミ、外国人労働者受入で合弁会社設立へ
外食大手のワタミ(東京都大田区)は15日、
ITコンサルのITbookホールディングス(東京都中央区)傘下のITグローバルと

シンガポールに外国人受け入れ事業に関する
合弁会社を設立
すると発表した。
新会社の名称は「グローバル・ドリーム・ストリート(仮称)」。
ワタミとITグローバルの折半出資で、今月中に設立する。
資本金は100万米ドル(約1億950万円)だ。4月に施行された改正出入国管理法では当面、
アジア9カ国から外国人労働者を受け入れることが決まった。
これに伴い、ワタミとITグローバルは、外国人向けに出国前教育、実習・就労、
帰国後の支援サービスなどを総合的に提供する合弁会社の設立を決めた。
シンガポールの新会社は、アジア地域の人材送り出し機関や
日本語学校の運営管理を手掛ける。このほか東京でも、外国人の人材派遣、日本語教育サービス、
企業向けのグローバル人材採用支援を手掛ける新会社2社を設立する。
シンガポールでの合弁事業による最初の人材送り出し地域はカンボジアとする予定。
ワタミの広報担当者はNNAに対し、
「カンボジアでは既存の日本語学校と提携に向けた話し合いを進めている。
人材送り出し機関を設立する計画もある」と話した。
外国人向け教育では、改正出入国管理法で外国人受け入れが決まった14業種のうち、
外食分野を中心に研修を施す。
日本では今後、改正出入国管理法の施行に伴い、
外国人労働者の受け入れ拡大が見込まれるものの、
外国人が「特定技能資格」を取得するための教育カリキュラムや、
働くための受け入れ体制は十分整備されていない。
海外では、日本での就労に関心を持つ外国人向けの日本語学校、
送り出し機関の設立、優秀な人材の採用を目指す企業を
支援する体制作りが急務となっている。
posted by yaezakura at 19:08| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

移民にかかる行政コスト

日々、このようなニュースが流れている。
全国の自治体が移民に四苦八苦し、血税が使われる。

外国人住民急増の東京 葛飾区 区役所窓口に通訳配置
2019年5月13日

外国人の住民が増え続けている東京 葛飾区は、区役所の窓口での対応をスムーズに行うため、
通訳スタッフを配置したり区の広報を
9つの言語に翻訳したりするなど、
新たなサービスを始めました。
葛飾区に住む外国人は年々増加し、
先月1日時点で2万1839人と4年前と比べ6500人以上増えています。

その結果、
区役所の窓口を訪れる人の5人に1人が外国人となっていて、
転入の手続きの際に窓口の担当者と意思の疎通が難しいケースも出ているということです。

このため区は先月から、英語や中国語で対応できる
通訳スタッフを区役所の戸籍住民課に配置しています。
また、毎月3回発行される区の広報をパソコンやスマートフォンで読む場合、
自動翻訳システムを使って英語、中国語、タイ語、
ポルトガル語など9つの言語に翻訳できる
サービスも始めました。
葛飾区広報課の吉本浩章課長は
「今後は災害や観光に関する情報についても多言語対応にして、
外国人が住みやすいまちづくりを続けたい」と話しています。

-----日本人が納めた血税を使って
外国人が住みやすいまちづくり??
おかしいと思いませんか?-------
-------ロンドンから---------
「移民には冷蔵庫や通訳も」英国離脱支持の街

欧州連合(EU)離脱を巡り混乱が続く英国で、
新興のポピュリズム(大衆迎合主義)政党
「ブレグジット(英国のEU離脱)党」の人気が急浮上している。

【英国のEU離脱を巡る流れ】

 ロンドンから鉄道で約3時間。人口約9万2000人の港町ハートルプールは、国民投票で離脱支持が69・6%を占めた。
 駅前で乗ったタクシーの運転手は
「離脱支持の理由? 移民さ」ときっぱり。
国民投票では移民問題が争点に浮上した。
離脱支持者の割合が全国トップ(75・6%)だった中部ボストンでは、
東欧出身者を中心とした移民が急増。英統計局によると、人口に占める英国外生まれの住民の割合が
全国平均(約14%)を大きく上回る31%に上った。 ところが、ハートルプールは4%に過ぎない。
「この辺は移民が少ないのでは」と質問すると、
「この街がというわけではない。

移民は野火のように広がっている」。

 中心部から車で数分のヘッドランド地区。パブで話し込むと、店を取り仕切る女性はこう訴えた。
「外国人は冷蔵庫から何から与えられ、
英語が話せないから通訳もつけてもらっている」。
女性が指すのはシリアなどからの難民のことだ。だが、英国での難民申請者の数(17年)は、
ドイツの6分の1弱、イタリアの4分の1強と周辺国と比べ多いとは言えない。
なぜ人々は外国人に不満を募らせ、それがどう離脱支持につながるのか。

 街の周辺は元々英国有数の炭鉱地帯。かつては羽振りの良い炭鉱労働者らが繰り出し、
造船業も順調で活気のある街だった。だが、競争力強化と自由化推進の保守党・サッチャー政権(1979〜90年)の改革で、
不採算の炭鉱が閉鎖。造船業も下降の一途をたどった。ある調査(12年公表)では、
イングランド326自治体のうち、ハートルプールは貧困リスクが高い自治体として4番目。
公共サービスは衰退し「地区の図書館や病院が閉鎖された」(同地区選出のフレミング市会議員)。
美容院経営者、ケルダ・ヘイズさん(48)は「金属くずなどを集積場から拾って売る貧しい人もいる。

EUに分担金を払うより、彼らのための政策に使うべきだ」
と言った。
 「この辺りの人たちは、ロンドン(の政府)から無視されてきたという怒りを正当化したいの。
その抗議が国民投票」。元学校講師の女性(68)が言う。自身は「EU残留」に票を投じたが
他の人たちの気持ちは想像できる。「この街に移民は多くないけど、

国の個性が変わってしまうという恐れね。
それと、英国人であることを誇りたいのよ」
 移民問題に詳しいロンドン大のエリック・カウフマン教授は、国民投票について
「離脱を支持した約4割が移民問題を
最重要課題と捉えていた」と指摘。
そういった人々がメディア報道などを通じて得た移民に関する情報を基に
「(自分の住む)地域の問題よりも、おのおのが抱く国家像の感覚に沿って意思を決めた」と分析している。

posted by yaezakura at 12:29| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多文化共生包囲網

国民の多くが気づかないうちに
多文化共生包囲網が構築されている。
そして彼らに共通しているのは
元号ではなく西暦を使用していること。
日本文化伝統を尊重しない姿勢がそこにある。
多民族の共生とは日本文化の破壊である。
そしてなによりも
日本人の人権と主権を侵害する重篤だ。


移住者と連帯する全国フォーラム2019
出会う、感じる 多民族・多文化社会
〜いっしょに考え、ともにつくろう〜
2019年6月1日(土)〜2日(日)
日本教育会館(東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
東京を中心とした関東圏の
多民族・多文化共生社会に関わる個人や
団体のネットワーク作りを目指します。
「移民社会を支えるための提案(仮称)」を
日本社会に発信します。

01. 入門編
02. 移住女性
03. 医療・福祉、社会保障
04. 技能実習
05. 子ども・若者     
06. 自治体施策 
07. 多様なルーツ
08. 難民
09. 日本語教育
10. 出入国管理
11. ビジネスと人権
12. ヘイトスピーチ・人種差別 
13. 母語教育と外国人の生活 
14. 労働  
15. LGBT 

多文化社会専門職機構 TaSSK
多文化社会専門職機構の設立によって、
誰も置き去りにされることなく、
誰もが力を発揮することのできる
多文化共生社会を実現するため、本日、
ここにわたしたちは立ち上がります。
2017年2月26日

--ここに名を連ねているのは多くが日本人だ
グローバルというウィルスに脳が侵されているのです。--


NHKは
NEWS WEB EASY やさしい日本語で書いたニュース.
を開始。(もちろん受信料で)
「NEWS WEB EASY」は
外国人がいこくじんの皆みなさんや、
小学生しょうがくせい・中学生ちゅうがくせいの
皆みなさんのために、わかりやすいことばで
ニュースを伝つたえます。

--日本人の小中学生にこのような放送は必要ない。
明らかに外国人のための放送なのに、
日本人小中学生を隠れ蓑にしている文言は不快でしかない--

---以下もご参照ください。---

多文化共生 一般財団法人自治体国際化協会(クレア)
日本全国にある地域国際化協会一覧
http://www.clair.or.jp/j/multiculture/association/rliea_list.html
多文化共生に取り組む団体等のリンク集
http://www.clair.or.jp/j/multiculture/link/link_list.html
にほんごぷらっと
http://www.nihongoplat.org/


ラベル:NHK 多文化共生
posted by yaezakura at 10:29| Comment(0) | 多文化共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

外国人学校児童・生徒保護者補助金

2011年10月24日頃
荒川区議会議員小坂英二氏がブログで告発されましたが
今尚、外国人学校児童・生徒保護者補助金は
健在のようです。

新宿の場合
外国人学校児童・生徒保護者補助金
最終更新日:2018年12月3日
新宿区では、区内にお住まいで、
お子さんが学校法人東京朝鮮学園、
学校法人東京韓国学園及び学校法人東京中華学校の設置する
小・中学校に通学している保護者の方を対象に、
補助金(月額6000円)を支給しています。ただし、
補助金を受けるには所得制限があり、
https://www.city.shinjuku.lg.jp/tabunka/file02_00002.html

中野区
最終更新日 2018年8月21日
外国人学校児童・生徒保護者補助金
中野区では、授業料などの負担を軽くするため、
お子さんが外国人学校に通っている
外国籍の保護者の方に、補助金を交付しています。
児童・生徒1人につき、
月額8,000円(上限)×授業料を納付した月数

外国人学校児童・生徒保護者補助金
豊島区では、外国人学校に通学する児童・生徒の保護者の方に、
教育費の負担を軽減するために補助金を交付しています。
各種学校の一覧はこちらからご覧ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/1332565.htm
(新しいウィンドウで開きます)
更新日:2018年11月28日
posted by yaezakura at 20:24| Comment(0) | 移民問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移民ニュース・バブコメ募集

外国人技能実習生 職種に「宿泊」追加へ 人手不足が深刻
2019年5月16日

外国人技能実習生が働くことができる職種に、新たに「宿泊」が追加される見通しです。
外国人技能実習生は、1年以上日本に滞在する場合、建設や食品製造などに関係する80の職種で働くことが認められています。
この職種に新たに「宿泊」が追加され、最長で3年間働くことが認められる見通しです。
認められれば、技能実習生による宿泊施設での接客や清掃などが可能になるということです。
法務省と厚生労働省は16日から電子政府の総合窓口のホームページに関連する省令の案などを掲載し、
来月中旬まで一般からの意見を募集しています。
そして、検討を重ねたうえで、7月ごろ正式に追加を決定したい考えです。
外国人観光客が増加し、東京オリンピック・パラリンピックを来年に控える中、
人手不足が深刻な宿泊業は、先月設けられた在留資格
「特定技能1号」の外国人を受け入れる対象にもなっています。


パブコメ募集
今般、宿泊職種に係る技能実習評価試験を追加するとともに、
移行対象職種・作業として
宿泊職種を追加することを検討しています。
つきましては、本件に関する御意見を、下記のとおり募集します。
なお、お寄せいただいた御意見について、
個別の回答はいたしかねますので、あらかじめ御了承願います。
「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の
保護に関する法律施行規則の一部を改正する省令(案)」
に係る意見募集について
posted by yaezakura at 15:22| Comment(1) | 技能実習生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茂木 敏充(もてぎ としみつ)内閣府特命担当大臣を批判せよ!!

もちろん自分なりの国家ビジョンも持っています。
一言で言えば21世紀の日本を
「多様性のある多民族社会」に変えるということです。
(1)英語を第2公用語にする
(2)定住外国人に地方参政権を与える


茂木としみつ特命大臣のこの国家ビジョンを見れば、
誰もこの大臣を批判しないのが不思議でしょうがない。
政商と批判されている竹中平蔵氏と並ぶ
2大売国奴と言ってもおかしくないのだ

茂木敏充
経歴を見ると
1999年、小渕第2次改造内閣で通商産業政務次官に任命され、
第1次森内閣まで務める。
2002年、第1次小泉第1次改造内閣で外務副大臣に就任。
翌2003年、第1次小泉第2次改造内閣内閣府特命担当大臣
及びIT担当大臣に任命され、第2次小泉内閣まで務めた。
2007年、日朝国交正常化を目指す議員連盟
「自民党朝鮮半島問題小委員会」の立ち上げに参加し、
同議連幹事長に就任。

2008年、福田康夫改造内閣で内閣府特命担当大臣(金融)として入閣
第2次安倍内閣で経済産業大臣兼内閣府特命担当大臣
2017年8月3日、第3次安倍第3次改造内閣において、
内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、経済再生担当大臣、
人づくり革命担当大臣に就任
2017年11月1日、第4次安倍内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、
経済再生担当大臣並びに人づくり革命担当大臣に再任。
2018年10月2日、第4次安倍改造内閣で経済財政・経済再生担当大臣留任
新設された「全世代型社会保障改革担当大臣」も兼務した
etcetc
森内閣時代、特に小泉政権時代から、もちろん現政権においても、
内閣府特命大臣
内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)に何度も任命されてきた
相当の重鎮であることがわかります。

この重鎮大臣がいったいどんな国家観を持っているのか
といえば、ウィキにも載っていますが、
こちらを見たほうがわかりやすいです。

e-デモクラシー 〜若手政治家の気概を問う〜
「茂木としみつの回答」

--------------
もちろん自分なりの国家ビジョンも持っています。
一言で言えば21世紀の日本を
「多様性のある多民族社会」に変えるということです。


(1)英語を第2公用語にする
(2)定住外国人に地方参政権を与える
(3)インターネットの接続料はじめ知的生産活動の
基本コストを諸外国並みにする
(4)日本の制度やシステムの中で国際基準と
合致しないものを一括して見直す

の4点を提案したいと思います。
--------------
今の日本では生産性の向上、資金・労働力・技術の
より効率の高い分野へのシフトという視点から3つの過剰
(1)設備の過剰
(2)雇用の過剰
(3)不良債の過剰、
への処方箋を早急に導き出す徹底した論争が必要です。
---------------

日本を多民族社会に変える!
外国人地方参政権に賛成!
このような人物が政府の中枢にいて
竹中のような政商とともに国政を動かしている、
これが日本の政治の現実なのです。
TPP11を締結したのも茂木としみつです。


posted by yaezakura at 14:52| Comment(2) | 茂木としみつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移民政策で得をするのは誰なのか

移民推進が経済界の要望であることがよくわかる記事。
OECDとは
OECDは、Organisation for Economic Co-operation and Development の略称で、
日本語で経済協力開発機構といいます。OECDは、
国際経済全般について協議することを目的とした国際機関で、
「世界最大のシンクタンク」とも呼ばれています。
日本は1964年、21番目の正式加盟国

政府は移民に対する反発に対処しなければならない
OECDの新報告書、
「国際移民アウトルック2016 (Immigration Outlook 2016)」には、
OECD諸国は、移民に対する反発の高まりに対処し、
移民政策、統合政策を強化しつつ、この分野での
国際協力を促進する必要があります

と書いてあります。

言うまでもなく、移民を歓迎しているのは
いわゆる「勝ち組」のグローバリスト勢力です。
当ブログのコメント欄でご紹介いただきました書物
西洋の自死 移民・アイデンティティ・イスラム
の解説から引用させていただきます。

「欧州で移民受け入れの恩恵を受けたのは、
低賃金労働力のうまみを享受しながら、自らは移民の少ない
安全な地域に居住し、グローバルに活動する富裕層や、
多文化主義を理想とする知識人である。

他方、その負の側面を一手に引き受けてきたのが、
移民の流入により賃金の低下や失業を余儀なくされ、
貧しい地域に居住せざるをえず、治安の悪化や
アイデンティティーの危機にさらされる中低所得層である。



移民に異を唱えれば、「人種差別主義者」「排外主義者」
といった烙印を押されてしまうため、政治や言論の場において、
移民の受け入れによって苦しむ国民の声は一切代弁されてこなかった。

そして、リベラルな理念の下で非リベラルな文化を
無批判に受け入れてきたため、
リベラリズムそのものが否定されるという
皮肉な事態を招いてしまったのである。」ココマデ

今、移民政策反対を訴えて街頭に立つ人々に対し
大勢で押しかけて妨害し「ヘイトをやめろ!」
「差別をやめろ!」「排外主義をやめろ!」
などという罵声を浴びせる、
いわゆるパヨク(左翼反日思想+在日外国人勢力)
と言われる人々がいます。
このパヨクを扇動していたのは共産党です。
しかし本当の黒幕は移民政策を進める現政府だと推測できるのです。
現政府はもちろん財界の手先です。
今の日本は、財界政界マスコミが一丸となって移民反対の声を
封じ込めにかかっていると言えるでしょう。
お上から下々へ圧力がかかっているのです。
(本書の内容紹介より【内容紹介】
出生率の低下、移民問題、増幅する社会への不信感、自己嫌悪感など、
今日の欧州大陸を覆う閉塞感は、人々が自身の社会について議論したり
社会変化に対抗する力を弱体化させ、欧州は自壊への道を進んでいる。
著者は、シリア難民や移民問題をめぐって、ベルリンからパリ、ギリシャなど
欧州を横断し、難民、歓迎側、拒否側など、様々な立場の人々を取材しながら、
独自の視点で、今日の欧州が自らを追い詰めていく人口的・政治的現実を分析。


欧州各国がどのように外国人労働者や移民を受け入れ始め、
そこから抜け出せなくなったのか。
マスコミや評論家、政治家などのエリートの世界で、
移民受け入れへの懸念の表明が
どのようにしてタブー視されるように至ったのか。
エリートたちは、どのような論法で、一般庶民から生じる
大規模な移民政策への疑問や懸念を脇にそらしてきたのか。

欧州が前提としてきた「人権、法の支配、言論の自由」をコアとする
啓蒙主義以降の西洋近代が潰えていく様を描く。


もう一冊、コメント欄でご紹介があった
移民の政治経済学
について。

内容紹介より抜粋します。
「移民」による移民論
本書は、著者自身、幼少期にキューバから移ってきた
移民でありながら、移民に対する見方は慎重である。

一般に経済学者は貿易や移動の自由を支持する傾向が強い。
社会的効率や経済効果といった観点から、
開国や移民は全肯定される。あたかもその推進が
客観的な数字に基づいているかのように議論されるのだ。
しかし、労働経済学という視角から見たとき、
事実は全く異なる様相を呈する。
まず、経済効果という観点で言うなら、
移民には短期的な効果はない。
とりわけ未熟な労働者を受け入れた場合は、
福祉制度に深刻な打撃を与えてしまう。
加えて、雇用を奪われる労働者から
安く移民を雇う企業に莫大な富が移転するという事態も招く。
長期の効果もかなり心もとないものだ。
それでも高技能から低技能まで、多様な移民を
受け入れるのはなぜなのか? 移民を〈労働力〉ではなく
〈人間〉としてみること。
人文知としての経済学はここから始まる。

(抜粋ここまで)

移民問題が世界のどの国でも深刻な社会問題を
引き起こしている現在であってもなお、
移民推進派である権力者は様々な圧力を加えてきます。
移民反対派である我々は多方面の書物や意見に目を通しながら
しっかりと理論武装して戦う必要があるでしょう。

今やマスコミは左翼・パヨクのお仲間、
そして権力者の手先、このどちらかでしかありません。
移民政策は、出自をうやむやにしたいパヨクにとっても
都合がよく、地球市民万歳の左翼思想とも合致し
権力者と左翼パヨクと利害が一致しているのが
移民・多文化共生という政策です。
本来の一般日本人国民にとっては大変危機的状況です。
今戦わなければ日本という国が
本来の日本という国でなくなってしまいます。

我々は外国人を一人も
日本に住まわせるなと言っているのではない。
しかし、日本政府が国民の血税を勝手に使って
移民ではないと嘘をつきながら
日本を多民族国家化させることを許すことはできない!
嘘をつきながら
移民・共生政策を進めるのをやめろ!と言っているのだ。

世界が狭くなり、移動が盛んになれば、
自然に移民は増えるかもしれないが、
日本に住む外国人が増えれば増えるほど、
日本人国民を守るための法整備をやるのが
日本政府の務めであるはずだ。



posted by yaezakura at 11:43| Comment(1) | 移民問題とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍移民党支持をやめよ

選挙が近づくと、北朝鮮の拉致問題、
そして憲法に言及にする安倍首相と仲間たち

しかし選挙が終わると、やっているのは
国民から吸い上げる政策と、移民拡大!
そして外遊とばらまき・・・

何年も何年も同じことを繰り返しているのに
相変わらず支持をやめない有権者

頭がおかしいのでは?



posted by yaezakura at 10:29| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

移民賛成が過半数って本当なのか?

安倍首相「多くの国民懸念」崩壊 “移民賛成”過半数の衝撃
2019/05/15

5月5日の読売新聞の外国人材に関する世論調査結果
(調査は3月12日〜4月18日、
全国の有権者3000人中2103人が回答)。

 外国人労働者の受け入れ拡大について、
賛成57%で、反対の40%を上回った。意外だったのが、
外国人が定住を前提に日本に移り住む
「移民」の受け入れについて、だ。
賛成が51%で、反対の42%を上回ったのである。 

2019年5月15日 / 11:26 / 2時間前更新
焦点:韓国が輸出する「大卒無職」の若者たち、日本も受け皿に


過去にない深刻な就職難に見舞われている韓国の若者たちは、
外国企業への就職をあっせんする制度に登録するようになった。
アジア第4の経済規模を誇る韓国で、
就職できない大卒者の急増に対応するため、
政府が主導するプログラムだ。

「K─move」など国が運営するこうしたプログラム
昨年は5783人の大卒者が海外で就職した。
これは初年度だった2013年から3倍に増えた。
このうち約3分の1が、日本に就職。

念願のモスク、京都・八幡に開設 ムスリム集う貴重な交流の場に
5/14(火)


コンビニ、外国人頼み 「気がつけば日本人1人」
2019/5/12
1

イタリア:五つ星運動と同盟の極右連立政権にみる欧州の苦悩
 移民問題であなたは人権を語る資格があるか
2018/6/5


2018.10.25
安倍政権の「移民政策」、実現なら日本の若者の賃金は上がらない


仏カジノ大手、和歌山に事務所=IR参入目指す
5/14(火)

会見には同社のブランド大使を務める
フランスの映画俳優のジャン・レノ氏が同席した。

国は、都道府県や政令指定都市などに
外国人の生活相談に応じる一元的な窓口を
整備することを求めています。

仙台市 外国人の相談窓口拡充へ
05月14日 

外国人材の受け入れを拡大する新しい制度が始まったことを受けて、仙台市は、来月から外国人の生活に関する相談窓口を拡充することになりました。

これは14日、仙台市の郡和子市長が定例の記者会見で発表したものです。
先月施行された「改正出入国管理法」では、新たな在留資格が設けられ訪れる外国人が増えることが見こまれることから、
国は、都道府県や政令指定都市などに外国人の生活相談に応じる一元的な窓口を整備することを求めています。
このため、仙台市は来月1日から、現在青葉区の仙台国際センターにある交流コーナーの機能を拡充し、新たに「仙台多文化共生センター」として運営を始めることになりました。
「仙台多文化共生センター」では、これまでの英語と中国語、それにやさしい日本語に加え、新たに韓国語とベトナム語、ネパール語でも相談に応じるほか、74の言語に対応する自動翻訳機を導入します。
さらに、専門家による在留資格や行政手続きに関する相談会も行うということです。
会見で、郡市長は「国籍や民族の異なる人々が文化の違いを認め合いながら、地域社会の一員としてともに安心してくらしていける社会作りをめざし、今後も取り組みの促進を図っていきたい」と述べました。

 
posted by yaezakura at 10:46| Comment(9) | 移民ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする